子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

ぼくダメな有権者なんです

昨日のニュース見てたときに、加藤厚生労働大臣が記者の前で新型コロナウイルス関連感染症感染症法に基づく「指定感染症」に定める政令について、施行日の前倒しを検討しているという発表をしてましたが、ずいぶん疲れているような感じがしました。

寝てないのかもという感じ。

 

この人、申し訳ありませんが、硬そうな髪の毛を短めにして、正直、ルックス的には昔風で、あまりいけてません。

こういうタイプが生き残って重要なポジションをキープしているというのは、本人が優秀なのか、よほど人柄が良くて周りが大事にしてくれるのか、どことなく魅力があるのか、なんか理由があるんでしょうね。

本人のことは全く知らないし、政治家としてどうなのかも知らず、テレビでしか見たことしか無いのですが、ぼくは割とこの人好きなんです。

 

ちょっとググって見たら、いつもお世話になっているWikipediaで見つけました。

 

加藤勝信氏は、旧姓  室崎。

東大経済学部卒の元大蔵官僚。64歳。

加藤姓は、衆議院議員だった加藤六月のところに婿養子に入ったからなんですね。

なるほど。

名の売れた衆議院議員とは言え、加藤六月は同県の橋本龍太郎というライバルがいたのと、小選挙区制への変更等、いろんな事情で地盤を引き継ぐことも無かったようで、最初は苦労したようですね。

 

他、いろいろ詳しく書いてありました。

 

今度の新型コロナウィルス対応で、不手際等出てくるでしょうし、その責任とかいろいろあるでしょうが、あの疲れ切った顔と涙が出そうなギョロっとした目が、こちらの人情にグッサリきました。

 

もうちょっと若いような気がしてましたが、なんとか頑張ってちょうだい。

 

 

あ、それと60歳代のボタンもよろしくどうぞ。