子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

原発のことは前から考えていたんですよ

前から原発のことを書こうと思いながら、一本の筋にならずに、見送ってきました。

でも、今回、「まあそれでもいいじゃないか」ということで、書くことにします。

以下、とりとめもなく。

f:id:edwalk:20190922112643j:image

 

 

原発は止めろという判決でしょ、あれは

きっかけは、あの裁判結果。

福島原発津波による事故で、東電のお偉いさん三人が無罪ってやつです。

 

ぼくは個人的には、常識的な判断だなあと思いました。

あれは人間の能力を超えた事故だから、管理者責任を問うべきでは無いということですか。

 

でも、あれをよくよく考えてみると、あの裁判長、原発止めろよと言うことを主張しているということになるんじゃないでしょか。

人間がコントロールできることじゃ無いんだから、という事は、なんかあったらものすごい被害があるけど、それは誰も責任持てないからね、と言うことになるんでしょ。

 

あ、すいません。ちょっとねじ曲げました。

裁判官が言ってたのは、津波の予想のことです。

しかし、大きな津波が来たら、とんでもないことになるんだし、事業者としては万が一に備えて当たり前なのですが。だから、それをそこまでは責任持てないでしょうと言われたら、上記のような事になるんじゃないですか。

 

本人が意識しているのかどうか知りませんが、あの判決深いですね。

あれだったら原発止めなきゃ。

 

 

原発は必要

罪深いのはぼくらです。

電気どんどん使うんだから。

 

最近は、充電して使う電気自動車が良いみたいなこと言ってますし。

あれ普及したら、電気ますます必要だし。

家だって、オール電化なんて言っているでしょ。

エアコン必需品だし、一日中つけるし。

 

水力発電は自然破壊で、もう新しいの作れない。

火力発電は空気汚すから減り始めてる。

風力発電も変な音波出るから、日本みたいにどこにでも民家がある小さな国土では限界ある。

太陽光発電は、そこらじゅうの空いている土地にパネル設置してしまったけども、コストの問題あるから。あれ、自家需要の補完で考えた方が良かったなあ。景観も悪いというか、すごく残念だし。見るたびバカだなあって思ってしまう。

海流利用も良いけど、まだだし、なんか難しいことありそう。

宇宙エネルギー使うのは、まだ形もないし。

 

ということで、罪深いぼくたちには原子力発電。

生活改める以外は、原子力発電。

f:id:edwalk:20190922112700j:image

 

 

原発の安全性って

これね、「原発の安全性」って「誰の(どこの)安全性?」

 

この「だれが安全?」「どこが安全?」、「誰が」「どこが」ってところを隠して「安全」てだけ言っている。考えている。

誰が、どこが、って絶対に言わないでしょ。

 

なんで東京の真ん中に作らないんだって与太質問。

それは、その設置場所は、安全で無いからです。

 

原発は過疎地を選んで作ります。

それは、その設置場所の安全が保証できないからです。

原発が「安全」なのは、東京とかの大都市圏が安全であるという意味です。

 

「安全」という言葉に、「どこの」「だれが」を省いたのは悪いよ。

それ除いて、「原発は安全です」

 

でも、これ期限も省いてますから、事故後に解決が遅れるとどのくらいで東京が危なくなるかって。

 

 

危険かもしれません

知り合いの技術関係の人が、呼ばれて原発に行ったことがあります。

原発作るときに、いつもネジが余るんですって。数だけ用意してるのに。

そのネジが余らないように、ちゃんと全部付けられるように管理するにはどうすれば良いのかという相談を受けて行ってきたのです。

 

原発は複雑なパイプのお化けです。あれだけ複雑だと必ずしくじります。

その技術屋さんは、そう言いました。

 

まあ、それでも、日本の原発が事故を起こす心配しなくていいですよ。

中国のは、違うメーカーの部品を継ぎ接ぎして作ってますから、先に中国のが事故ります。

そしたら放出された放射能は、風に乗ってほとんど日本に来ます。それで我々はみんなやられてしまいますから。

 

そんなこと言っちゃって、津波のせいで福島が先にやっちゃった。

 

 

田舎の都市伝説

原発銀座の福井県嶺南地方に伝わる田舎の都市伝説。

原発事故になったら、道路が封鎖されて、よそに逃げられなくなる。

なんてね。

 

まあ、近隣の府県から福井の県庁に「事故の時にこちらに逃げて来られると病院のキャパを超えてしまうので、こっちにはこさせないでくれ」という要望が密かに入っているという話を、役所の筋から聞いたこたはありますが。

 

 

なぜ原発を作ることが出来るのか

よぶんな付け足しです。

以下、ただのお話です。

いつもこうだとは言いません。

 

平和な田舎に原発を作る計画が来ます。

住民は、みな反対です。

それはダメだよと、みな言いますが、ちゃんと反対運動が組織される前に、見知らぬ連中が町に来ます。

 

その人たちは、そういう反対屋。

そのよそ者たちは、オルグを始めて原発建設反対運動を開始します。

 

そうすると今日まで、原発建設反対を唱えてきた住民たちは、それをまた口にすると、あのよそ者たちと一緒になってしまうので、反対運動から距離を置きます。

 

住民の一部と、プロの人たちは建設反対運動を起こし、最後に金額で合意し、お金が配られて、原発の建設が始まります。

 

そういう話もあるということです。

 

今日は寒いです、鍋で日本酒だな

昨日は、秋だなあ、秋冷なんて言ってましたが、朝から雨の今日は、寒いです。

 

なんか急に、秋物を買おうなんて言って、GU、UNIQLOと回ってきてしまいました。

そういう気温の変化なのです。

 

昨日、相撲は貴景勝があっさり負けてしまったのが、家に帰りつく前でした。

途中で車を止めて、ナビの画面のテレビで見てまして、ガッカリしたのですが、まあ大関復帰は確定だし、これから2日楽しめると思い直したのです。

 

ところで、先日図書館から借りてきた「三体」は

三体

三体

 

読み始めると、すげく面白い感じです。

読み終えたらまたブログに書くかもしれませんが、今はとりあえず読み続けたいのです。

 

 

さあ、今日は遅い放送開始だけど、相撲中継始まって、ちょうど炎鵬の勝ち越しが見れました。

 

今日は鍋。鍋で日本酒。

 

 

 

      そぞろ寒 鍋で日本酒 相撲見て

 

 

 

貴景勝 ちょっと安心 ひとり旅

おお、貴景勝10勝、大関返り咲き確定!!

 

と、騒ぐつもりでした。

しかし、どうも今日の具合では、騒げませんね。静かにしています。

 

隠岐の海の、あの表情。

明生に勝ちましたね。なんか胸にある顔でした。

 

結局、貴景勝ひとり旅です。

あした貴景勝豪栄道。あしたポイントですね。これで勝ったら、残りも勝っちゃうかな。ああ、黙ってよう。

 

そんで、栃ノ心

きのうこっそり御嶽海負けてねと念じましたが、その甲斐もなく負けました。7敗。

 

てことは、来場所、貴景勝大関に上がるから、関脇が一つ空くと思っていたら、もしかして栃ノ心が降りてくるかも。

となると、小結二人とも勝ち越したら、もう空きが無い。

うーん。

 

 

横綱二人と大関一人いなくなって、井筒親方が死んで、嘉風が引退して、つまらない場所だなあと思ってましたが、今日も結びまで楽しんでしまいました。

もしかすると、あと三日楽しめるかもしれません。

 

     明日次第 のこり楽しむ 秋場所

 

まんまだね。

iPhoneの背中の色が楽しそう

新しいiphoneのTVコマーシャル、さっき初めて見ました。

iPhone11安くなって良かったですね。

ぼくは3年経過したiPhone7を最低でも来年末までは使うつもりなので買わないのですが、値段が下がったのは喜ばしいです。

 

今度は中華スマホだなと思っていたのですが、やはりiPhoneiPadとデータがシンクロするのは使いやすく、この価格路線を継続してくれるなら、次もiPhoneを考えることができるかもしれないです。

まあ、中華スマホとパソコン使って、DropBoxでなんとかする手もありますが。

 

      iPhoneの 色と値段が 身に入むぜ

 

あ、身に入む(みにしむ)は秋の季語です。こういう使い方はいけませんね。

ほんとうは、冷たさをしみじみ感じるという感じ。

荒磯親方(稀勢の里)よりもジャニーズアイドルの方が歳上、ずっと歳上

大相撲の十両の取組の中継を見ていると、解説している親方の顔が映った時に「あんた誰?」って言いたくなります。

まあ、ぼくが相撲を見るようになったのはリタイヤしてからで、その前は全く見てなかったのです。

で、引退した親方で、失礼ながら現役の時にそれほどの注目を浴びたことが無い人たちについては、今更テレビ画面で顔を見ても、誰だったのかわからないのです。

もちろんテレビ画面には、親方の名前と現役時代の四股名は出るんですよ。それでもわからないのは、三役にも上がることなく、若いうちに何らかの理由で引退したからなんでしょうね。

気がつけば、親方たちてのは、そういう人たちが圧倒的に多いのでしょう。

 

中入り後、幕内の取り組みが始まる四時以降は、解説者が入れ替わります。

こっちは、誰なのかわかります。

きょうは、稀勢の里の荒磯親方。

この人、現役の時の見た感じは、口が重そうだなという印象でしたが、引退した途端、明るく喋りまくるキャラだとわかりました。声も甲高い感じで聞きやすく、話の内容もわかりやすいし、今日気がついたのは、良いことだけを言うんです。この解説好きです。

 

 

肝心の取り組みは、隠岐の島がまた負けてしまいました。ああ、ここまでか。

そんで、朝乃山も御嶽海も負けてしまいました。

貴景勝は勝ったけど、相手の栃ノ心は負けなので、ちょっと切ない。

あした栃ノ心は御嶽海とか。

御嶽海、あんたの優勝も期待したけど、三敗になったし、あした負けて、ね。

 

 

荒磯親方が今日着ていた背広は、体に合っていた感じで、解説開始時にネクタイに水のシミがありましたが、しばらくで乾いて良かったです。

この前見た「ノーサイドゲーム」の最終回に、嵐の櫻井くんが出ていて、そのスーツの方が良かったと家内が言うので、こっちは横綱なんだからそういうのと比較しないのと注意したところ、「櫻井くんの方がずっと年上なんよ」と、言い返されてしまいました。

横綱と年齢は関係ないように思いますが、そうだよね、アイドルなんて言っても、荒磯親方よりもずっと歳いっているんです。

なんか不思議な感じ。

 

稀勢の里が引退前に苦しんでいた様子を思い出しながら、きょうの相撲中継みてました。

苦しい時もあれば、すとんと楽になる時もあるんだな、人生は。

きれいな嫁さんもらってちょうだい。