子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

老年者の運転

昨日は、まるで誕生日のお祝いみたいで、皆さんありがとうございました。

 

ものすごい交通事故のニュースなんか見て、一日も早く自動運転の技術が一般的になるように願いながら寝ました。

f:id:edwalk:20190420152845p:image

 

で、変な夢を見て今朝4時頃目が覚めてしまいました。

 

最近、変な時間に目が覚めて、その後眠れず朝を迎えることが度々起こるようになりました。

寝不足になるので、朝食前に測る血圧が高くなって、なんかがっかりします。

歳とるってことですね。

 

年寄りの世の中

歳をとるといえば、福井の街中を動いていると、目につくのはジジババばかりです。

ああ、福井は田舎だから年寄りがたくさんいるのだなと思っていたのです。

今日の新聞を見ると、2015年の統計で、65歳以上の世帯主の世帯が、全体の世帯数に占める割合が出ていました。

福井は40.8%。

街を見ているともっと割合が高そうな気がします。統計が2015年のものだから、今はもっと増えているんでしょうね。

 

全国では36%。最高は秋田で57.1%、東京は29.1%。

そして、2040年の予想は、全国で44.2%に増え、そのうち一人暮らし世帯は36%だそうです。

恐ろしいですね。

その時、ぼくは87歳。すごく心細いです。

 

やはり田舎では、移動手段が無いと自立生活はできません。

しかし、今ですら街中は危険がいっぱい。

 

 

昔、年寄りとの事故がありました

10年以上前ですが、ぼくら夫婦は車に乗り、田舎の交差点の赤信号で停車しました。

田んぼの中の交差点。見通しはすごく良いし、車も少なかったです。

後ろの方から、軽自動車がやたらゆっくり近づいてくるのが、ミラー越しに見えました。

だんだん近づいてきて、運転席におじいちゃんがいるのが見えました。

止まるよね。

当たり前です。運転しているおじいちゃんには、うちの車が見えているはずですから。

ゆっくり近づいてきて、すぐそこ。

あれ?

ゆっくりだけど、そろそろ止まらなければ。

止まらない。

えっ!!??

軽自動車は、ゆっくりとうちの車に衝突して止まりました。

「うちの車見えてなかったの?」

車から降りて、後ろの軽自動車の運転席のおじいちゃんに聞きました。

「止まろうと思ってたんやけど・・・」

 

このおじいちゃんの家に行くと、嫁さんが出てきておじいちゃんを叱りつけます。

仕方ないので、「怒らんといて」とぼくがかばい、修理してくれれば良いからととりなしました。

 

やはり、年寄りは危ないです。

そして、そのうちぼくもヤバくなります。

 

 

自動運転車早くして

やはり自動運転。

自動運転の車を早く完成させて欲しいです。

それ以外、解決策はありません。

年寄りが車に乗っても安全です。

 

技術者の皆さん、よろしくお願いします。

 

 

と言いながら、今日は昼から刺身食べて、飲んでます。

あ、車は運転しませんから。

ブログ始めて1年、みなさん有難うございます

f:id:edwalk:20190419072713j:image

 

はい、1年経ちました。はてなからそういうメール来たのです。

 

でも、読者になったりなってもらったりの相互購読を1年続けると、熱心にブログしてたけど、いつの間にか見かけなくなった人の多さに気がつきます。

 

ぼく自身は、普通な感じで1年やってきましたが、やはりブログって続けるのが大変なんだと思います。

 

 

ぼくとしては、アップする写真をリサイズするのが面倒くさくなってきてます。

iPadでブログ作っているので、リサイズした写真も元の写真と同じ場所に入ってくるのです。

リサイズの作業、その後リサイズした写真を探す手間、ブログにアップした後リサイズ写真を消去する手間、けっこう嫌になります。

 

リサイズせずにアップしてしまうか、画質も落ちないし。

アップできる写真のデータ量が多くなるので、はてなプロに移行するのも良いかもですね。

 

 

まあ、なんやかんや言いながら、こういうブログですから、普通に続けて行くんだろうと思います。

なんか工夫して行くつもりですので、よろしくお付き合い続けて下さい。

 

竹田の里しだれ桜まつり

昔、田んぼの真ん中に一軒家がありまして、それは豆腐屋だったのです。

その豆腐屋は、ちょっと年季の入った、何というか安普請みたいな感じでしたが、たくさんの客が押し寄せ、店の前には何台も車が停まってました。

その店の厚揚げが目当てだったのです。

 

店に入って注文すると、すごく待たされた後に、できたての厚揚げがまるっぽ一丁皿の上に、大量の大根おろしと鰹節とネギと共に乗せられて出現します。

一応、その厚揚げには、包丁が入ってます。

それに醤油を回し掛けて食べるのです。

うまいんです。

やたらうまいのです。

 

しかし、やがて警察の酒気帯び運転の取り締まりがやたら厳しくなって、日中、その厚揚げを食する際に喉を潤すべきビールを飲んで、店を後にするということができなくなりました。

ということで、ぼくはその店に一度だけ行き、その後、20年近く行くことがありませんでした。

 

しかし、当然ながら、その店は繁盛を続け、今では街道沿いに小洒落た店を出すようになっています。

 

竹田の里のしだれ桜まつり

昨日、家内がテレビで、丸岡町竹田の里のしだれ桜まつりの様子を見たのです。

夜寝る前に、明日はそこに行こうと言います。

福井の街から20kmほど離れた所です。

 

ああ、竹田と言えば、有名な厚揚げがあったなと思いました。

まあ、あれを食べると当然ビールが必要だし、それに食べるまですごく待たされることから、現地に行っても厚揚げを食べることは無いのですが。

 

以前、家内はそのしだれ桜まつりを見に行ったことがあるのです。

しだれ桜が何本も植えられていて、見事だそうです。

 

今日、行きました。

なんせ山を越えた先の田舎です。だいたいの位置はわかるのですが、具体的にまつりの場所はわかりません。

 

家内は朝から洗濯物を干したり家事をがんばってましたが、11時ころ、ぼくらは出発しました。

 

正確な場所は、福井県坂井市丸岡町山竹田94ー10のたけくらべ広場で行われています。

 

どんなんか、写真みて下さい。

f:id:edwalk:20190417214042j:image
f:id:edwalk:20190417214046j:image
f:id:edwalk:20190417214035j:image
f:id:edwalk:20190417214039j:image
f:id:edwalk:20190417214032j:image

 

広場で、しだれ桜がたくさん並んでいて、みんなバーベキューしたり、お弁当食べたり、なんか自由な感じでしょ。

この広場は入場無料。ただ、祭り期間中は、すぐそこの駐車場は500円となります。

1キロほど離れた場所に、無料の駐車場が用意されてますが、やはり歩くの辛いです。

この広場の中で、桜を見て歩くだけで、けっこう歩き疲れしますから。

 

そして、この場所、キャンプ場でもあります。


f:id:edwalk:20190417214137j:image

テントサイトからの眺め。良いでしょう。

 

f:id:edwalk:20190417214637j:image

ぴかぴかの一年生なんでしょうね、水色のランドセル背負ってお母さんのモデルつとめている子もいました。

 

あ、写真撮らなかったけど、振袖着たモデル使った撮影もやってました。着物の宣伝写真なんでしょうね。だいぶプロっぽかったです。

 

f:id:edwalk:20190417214906j:image

奥の方に、別荘の売り物件ありました。

けっこう良いです、今の家土地売り払って、引っ越してこようかなんて話してました。でも冬は雪が深そうで、住むのは大変でしょうね。

 

ぼくらは、このキャップ場で車中泊して、サクラ見ながら夕方バーベキューとビール、そして広場の入り口近くにある「たけくらべ」という温泉につかってのんびりするのも良いかななんて思いました。

キャンプは1泊700円。キャンピングカーも入れられるので、車中泊の車も入れさせて貰えば700円で夜を過ごせます。

夫婦二人だけなら、ベーベキューも七輪でできますし。

テントサイトの近くにテーブルとイスもあるので、楽しく過ごせそうです。

 

 

なんでこんなに人がいる?

天気は良いけど、ウィークデーの昼間。

なんで、こんなに人がいるんでしょうか。

まあ、ほとんどジジババ。ひまな年寄りだらけです。若い人は学生ぽい。外人の女の子も数人弁当広げて楽しそうにしてましたが、あれは暇があるんでしょう。

 

週末に来ると混みそうだから、平日の昼間に行こうと考えた年寄りたち。

こういうの、リタイア生活の良いところ。

 

4月13日から27日までです。

けっこう県外ナンバーもいました。行ける人は行って来られると良いですよ。

帰りに、ノンアルコールビールで厚揚げという手もありますし。

 

「満洲コンフィデンシャル」 冒険活劇です。

満洲国って

いろんな人たちの夢の国だったみたいですね。

満州(現在の中国東北部)に、1932年から1945年までの間存在した国(?)でした。

 

皇帝がいました。皆さんご存知の「ラストエンペラー」、清の最後の皇帝溥儀が、清の滅亡後、自分の民族(満洲人、女真族)の故郷に戻り、皇帝となりました。

 

建国の理念

五族共和

日本人、漢人朝鮮人満洲人、蒙古人の五族が、協調して暮らせる国を目指す。

 

王道楽土

武力による統治を「覇道」と言いますが、これに対して徳による統治を「王道」と言います。

西洋列強のような武力をもってする統治ではなく、東洋的な「徳」をもって統治し、アジア的理想国家「楽土」を実現しようというものです。

 

どうです、ちょっとワクワクするでしょう。

 

 

建国のことや関東軍及び満鉄

ここんとこ、日清戦争あたりからちゃんと書き出すと歴史の教科書みたいになるので、書きません。

 

石原莞爾の「関東軍満蒙領有計画」あたりがだいぶ影響を与えているのだと思いますが、日本の関東軍張作霖を爆殺したり、満州事変をやらかしたりした結果、建国してしまったのです。

 

ですから、関東軍と満鉄(南満州鉄道)が影響力を発してました。

 

満洲で映画作ってた甘粕正彦

でね、満鉄には、「満洲映画協会満映)」というのがありました。

ここで映画作ってたんですね。

李香蘭です。

山口淑子

し〜いなのよ〜る

 

この満映の2代目理事長が、甘粕正彦

ラストエンペラー」では坂本龍一が演じてましたね。

それから「甘粕事件」、被害者の名前で「大杉事件」とも呼ばれていますね。

人殺しです。

すごい悪人みたいな印象です。

 

でも、満映で一緒に仕事してた森繁久弥の証言や、満映時代の行動についての証言を読むと、良い人みたいな印象に変わります。

 

ウィキに載ってる森繁久弥氏の証言を引用すると、「満州という新しい国に、我々若い者と一緒に情熱を傾け、一緒に夢を見てくれた。ビルを建てようの、金を儲けようのというケチな夢じゃない。一つの国を立派に育て上げようという、大きな夢に酔った人だった」と非常に良い感じ。

 

で、満洲国だけど

日本を第二次世界大戦に引きずり込み、敗戦に導く発端みたいなものですが、どうも当時の日本人にとっては、「夢」とか「自由」とか、あるいは西部劇の世界のような印象だったようです。

馬賊とか、まあロマンあふれる新天地ということでしょうか。

 

 

いよいよ小説の話

満洲コンフィデンシャル (文芸書)

満洲コンフィデンシャル (文芸書)

 

 

目次を見てください

開幕

第1話  夕陽と大陸浪人

第2話  恋と革命

第3話  皇帝の護衛官

第4話  夢の瓦礫

閉幕

 

4つの連続する中編4つと、開幕、閉幕で一つのストーリーになっています。

開幕、閉幕は、現在(と言っても1991年)の日本が舞台。

主人公の湊 春雄は現在73歳。

ふとしたことで50年ほど前の満洲国のことを思い出して物語が始まります。

 

どんな話か

主人公の湊春雄は海軍兵学校出のエリート軍人でした。

ある事件で軍人としての将来が無くなり、大連の満鉄調査部に飛ばされました。

 

日本からはるばる大連にたどり着き、満鉄調査部に出頭すると、新京(満洲国の首都)の満洲映画協会に行けと言われます。

軍の機密の映画フィルムを届けに行くという任務です。

で、向こうに着いたら、そのまま満映にとどまり、理事長の甘粕正彦の不正か弱みを掴んでこいという訳です。

 

すぐに怪しい男、西風に出会います。

長身痩躯の気障な優男、白麻の背広にステッキを持ち、頭には粋なパナマ帽。

面長で彫りが深い目鼻立ち。

こいつ密偵なんです。どこの密偵かは・・・

「湊くんを歓迎するよ。ようこそ、夢の入り口へ」

 

湊春雄は列車に乗って満洲新京を目指します。

伝説の馬賊の親玉ほか、いろんな怪しい人たちが登場してきます。

 

満映に潜り込み、いろんな事件に出会い、そして日本の敗戦。

 

甘粕正彦も出てきます。男装の麗人、東洋のマタハリ川島芳子も出てきます。はい、李香蘭も。

赤い夕陽の曠野。夢のような冒険。

 

 

面白かったのです

ぼくは、この作品好きです。

軽い歯触り。

それでも切なくなる後半。

ロマンです。

 

冒険小説の王道ですね。

題材として満映、背景としての満洲国、夢の国。

面白くないはずありません。

 

読みましょう。

紅色に誘われて。福井西部緑道

福井市の足羽山の西側は、国体が行われた運動公園があり、足羽山の西の山裾から運動公園手前までの間を細長い公園に作ってあります。

f:id:edwalk:20190415200449j:image

西部緑道と呼ばれるこの細長い公園は、道路面から家の二階程度盛り上げてあります。

このため間を横切る道路上は高架になっているので、車の通りを気にせず歩けます。

 

下手な絵を見ていただくと、ちょっと分かりやすいかもしれません。

汚い灰色っぽい色で道路を描きました。

この道路を上から下に向かって車で走っていると、左側に緑色の草の上が赤いのです。赤い花が咲いている木が並んでいるのです。

上の絵で、赤い線があるでしょう、そこです。

この木はなんだ?

その疑問に負けて、車を駐車して、道路沿い歩いてみました。

f:id:edwalk:20190415201017j:image
f:id:edwalk:20190415201013j:image

紅色の桜。八重ですか。

まだ小さな木です。木肌が桜ですね。

 

さらに、奥の方にピンクの桜の花の色が見えました。

そっちに歩いて行きますと。

f:id:edwalk:20190415201255j:image
f:id:edwalk:20190415201303j:image
f:id:edwalk:20190415201306j:image

 

街中は、もう散っていますが、ここはまだいけてます。

誰もいないのが良いです。

上図のきたないピンクが、もしゃっと塗ってあるところです。

 

ここから西部緑道に行ってみました。

f:id:edwalk:20190415201437j:image
f:id:edwalk:20190415201449j:image
f:id:edwalk:20190415201445j:image

最後の写真は、足羽山に向かってのショットです。

 

意図せず、良い風景に出会いました。

 

福井県というところ2

山と平地 ざっくりと

f:id:edwalk:20190415190225j:image

 

地勢図というのですか、地形図というのですか、山と平野の状況が描かれた地図って、フリー画像が上手に見つけられませんでした。

あるのは値段がついていて、けっこう良い金額です。

 

ということで、山は茶色で、平地は緑で塗れば、それなりにわかるだろうと、ほんま物を見ながらぼくが塗ってみた図を表示します。

なんか雰囲気で理解してください。

 

福井って海岸線のすぐ側に山が迫っているのです。

 

嶺北

平野が海に続いているのは、北の方、緑が広がっているところだけですね。

三里浜三国港、三国海水浴場から浜路あたりです。この一帯に東尋坊もあります。あそこは崖だけど。

 

そこから南の海岸線は山の際が海岸で、ここらは越前海岸と呼ばれます。

海の際にへばりつくように村というか町みたいなのが、線で存在します。漁村です。

 

上の緑が広がっているところには、下から、越前市(武生)、鯖江市、福井市坂井市が存在します。

坂井平野です。

主要な街がありますが、街以外の部分は田んぼが大きく広がっています。

 

地図の右の方、茶色が濃くなっています。山が高いのです。

山の向こうは、さらに高い山、いわゆる白山ですね。

 

で、その山の中に、緑のポイントが二つあります。

上から、勝山市大野市です。

恐竜博物館は、勝山市にあります。

大野市は、右の山を超えたら岐阜県、白鳥あたりから中部縦貫自動車道大野市を通り福井市に繋がるようになります。福井市から大野市に至る区間はもう出来ていますので、岐阜の白鳥から大野市までの区間が繋がれば、ここを通って名古屋や東京の方へ行けるようになります。

そうなると、大野市が福井の奥地ではなく、福井の玄関口になります。

 

嶺南

上下の幅が狭いのですが、さらに東西に山が走り、海辺を圧迫しています。

 

風景の美しい、海産物に恵まれた地域なのですが、平地が少ないことがマイナス影響になっています。

こうなると若狭を走る道路の場所が限定されてしまいます。

昔は、国道27号線しか無く、幅の狭い道路に全てが集中するので、渋滞もありました。

 

やがて、27号線に並行して田んぼの中を走る広域農道が整備されて、だいぶ助かりました。

 

何年か前に、舞鶴若狭自動車道敦賀まで開通して、快適になりました。

とにかくこの地域は、横をつなぐ道路に大きな問題を抱えていたのです。

 

若狭のすぐ後ろは京都府です。

昔から、ここは京都の食材確保の地域です。

御食国(みけつくに)と呼ばれていましたから。

 

ここで採れた鯖は、小浜から山の中を通って、大原を抜けて京都に運ばれました。

鯖街道」と呼ばれる道です。

今でも海水浴の季節には、京都からの車で大渋滞してます。

 

そう京都との関係の深い地域です。

 

 

 

 

ローレン・バコール、そしてヘイリー・ミルズ!!!、なんとレイア姫、しかもスタスキー&ハッチだったりして

ぼくが子供だった頃、ヘイリー・ミルズって女の子、ディズニー映画のスターでした。

「罠にかかったパパとママ」とか「難破船」とか、彼女主演のいろんな映画が来て、ぼくも観に行きました。

でも、二、三年ほどで彼女も大人になっていったのか、出演映画の話題を聞かず、彼女を見ることは無くなりました。

 

 

さて、前回ツタヤで借りてきた二本を紹介しましたが、今日、そのうちの「死海殺人事件」を観ました。

 

MGM HollyWood Classics 死海殺人事件 [DVD]

MGM HollyWood Classics 死海殺人事件 [DVD]

 

 

ポアロが映ってますね。

ナイル殺人事件」と同じ俳優がポアロを演じてました。

 

でね、映画の始めに出演者の名前が出てくるのですが、その最初のあたりで「ローレン・バコール」って書いてあるのです。

ぼくは、この映画についての予備知識を持ってませんでしたが、ええっローレン・バコール

id:kihaseason2015さんが、前の記事にコメントしてくれましたが、そうローレン・バコールが出ています。

 

この映画は1988年の作品です。

ローレン・バコール1924年生まれですから、この時64歳でした。

どこに出てるんだ?と探しているうちに、ようやく出てきました。

こういう大物女優が出てくると、日本の「○○殺人事件」なんかだと、歳とった大物女優が犯人なんだけどなあ、なんて余計なことも頭に浮かんできたりしました。

 

そして他にも多くの知った顔が

でもね、それよりも、さっき書いたヘイリー・ミルズが出ているのです。彼女は1946年生まれなので、やはりオバちゃんになってました。

でも、「へえええ、ヘイリー・ミルズ」という気分です。

 

それにね、殺された金持ち未亡人の長男の妻、元看護婦なんですけど、見覚え感大。ええっ誰だっけ?

はい、レイヤ姫、スターウォーズレイア姫キャリー・フィッシャー

 

しかも、冒頭から登場するニヤけた弁護士、見たことあるなあと最後までモヤモヤしてたんです。

仕方ないので調べました。

俳優名を知りませんでした。

でもね、昔のドラマでの役名は覚えています。

「スタスキー&ハッチ」のハッチ。

どうりで・・・

 

出演者はいいとして

前観た「ナイル殺人事件」でもそうでしたが、ぼくはこのポアロ、あまり好きではありません。

こそこそ盗み見、盗み聞き。

あまり「灰色の脳細胞」って感じしません。

 

ぼくは中学生の頃、推理小説読み漁りました。

本格推理物という分野ですね。

クリスティも読みました。ほとんどの作品読んだと思います。

全部忘れましたけどね。

でも、ポアロのイメージって残ってます。この映画のポアロとは違うのです。

 

 

まあ、それでも雨降りの日曜日、何にもしなくてもいい日に、のんびり飲んだり食ったりしながら観るにはいい映画でした。

満足できました。

女医さんの役の女優、知らない人でしたが、綺麗でしたし。