子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

雑誌TIMEの定期購読の解約

TIMEって雑誌ありますよね。

あれ、定期購読を申し込むと、購読申し込み期間にもよるんですが、普通に買う代金と比べるとかなり安く買えるんです。

で、何年か前、家内が定期購読したいと言いました。

ネットから申し込めるので、3ヶ月のコース(自動継続)を申し込みました。

 

定期購読してると、TIMEのサイトに入れて、雑誌以外にも英語の勉強に使える教材、Eラーニングというのが使えました。

過去形で書きましたが、最近経営状態が悪くなってから、もうEラーニングの更新がなくなりました。

まあ、雑誌自体に値打ちがありますから、ただ安く読めるだけでも十分なんですが、雑誌だけならば図書館や県の国際交流会館で読むことが出来ます。

ということで、もう定期購読は止めにしようかとなりました。

 

「定期購読、解約して」

家内に言われて、TIMEのサイトで解約ができると思い、「わかったよ」と安請け合い。

で、サイトに行ってみると、解約の仕方がわからない。

あれ?

ネットで、TIME 定期購読 解約 と打ち込んで検索すると、この手の質問がたくさん出ています。

みんなわからないんだ。

 

雑誌を送ってくる外側のビニールに表示されている送付先(うち)の住所などの上にカスタマーナンバーが打たれているので、1番最近送ってきたやつを見てみます。送り主のTIME社の電話番号やメルアドも印刷されているのです。

電話掛けました。平日にかけるように録音が流れるだけです。土曜日だったのです。

仕方ないのでメールします。Japnese available って書いてあります。

すぐに返信が来ました。自動なんです。

なんか、そういう用事は別のアドレスにメールしてよねという内容で、アドレスが書いてあります。

自動の返信なので、用事に関わらず、enquiriesjapan@subscribenow.com.au というアドレスしか生きていないようです。

そこに、定期購読止めるよとメールを送り直しました。

自分のカスタマーナンバー、住所、名前を書いて、定期購読止めるということ、結果はメール下さいねと書いて、一応英語バージョンも付けました。

 

で、日曜になり、月曜が来ました。

平日なので、電話通じる。

という事で、フリーダイヤルに電話しました。なお、このナンバー、携帯には対応してません。

はい、この番号、今は使えません。

録音で、0066 3381 3027にかけろと言います。

これ、フリーダイヤルで、やはり携帯に対応してません。

有線のひかり電話でかけると、機械ではなく人間の女性が出てくれました。

ただし、日本人ではありません。

それでも日本語が通じます。

 

失礼ながら、ゆっくりはっきり喋ってしまいました。

解約の件を言うと、もう一度かけ直してくれと言います。

なんで?

土曜日にメールも送ったよと言うと、今月曜の朝だから、担当がまだ読んでないですとのこと。

ちゃんと担当が対応してくれますよと。それ、意味のない対応。

 

11月に更新して3ヶ月分の料金を引き落とされており、来年の1月末までは雑誌は送られてくるのですが、別に払った金は返してもらわなくても良い、来年の1月まで雑誌送ってくれて良いんですよという事がはっきりした時点で、彼女は、あなたの新たな自動更新を止めることは、私に出来ますと言ってくれました。

 

他に用事はありますか?

という問いに、無いよと答えて、ありがとうと電話切りました。

 

結構大変でしたが、もし、雑誌の定期購読をやめたいという意思をお持ちの方は、上記の電話番号とメルアドをお使いください。

電話での会話は、けっこう面白かったですよ。

 

 

あの、60歳代のボタン、押していただけると、とてもうれしいです。

どうか、よろしくどうぞ。

寒いです

車のフロントガラスに白いものが。

f:id:edwalk:20181209092615j:image

f:id:edwalk:20181209093136j:image

こっちは、よその車です。すいません。

もうハンドワイパー積んでおかなければ。

 

昔買ったちょっと暖かいコートを思い出して、ダウンベストの上から着込んでいます。下は暖パン、足元はウォームブーツで、結構満足感ありますが、手袋が要る。

 

今年は、暖冬だと良いなぁと真剣に思っています。

 

命日ということで、ジョン・レノンのことを思い出させてもらったので、AmazonMusicで探してきた Happy Xmas(war is over)を車の中で聴いています。

そういう気分です。

このスーパーの駐車場はwifi飛んでいるので、こういう時助かります。

イマジンも聴いています。

iPhoneBluetoothで接続して、車のスピーカーで聴くのですが、うちのカーオーディオ音が悪いとしみじみ思っています。

アマゾンミュージックは歌詞も表示されることを今になって知りました。便利ですね。

 

 

いつもながらすいません。

60歳代のボタン、押していただけるとうれしいです。

よろしくどうぞ。

ようやく福井がブラタモリに出た

今日のブラタモリの舞台は福井でした。

なんかで取り上げてくれないかなと思っていて久しいのですが、ようやく取り上げてもらえました。

 

前半、東尋坊三国港の説明の時に出ていた福井市自然史博物館の特別館長さんの話し方が、ナチュラルな福井弁訛りです。

映画の「ちはやふる」やテレビの「チアダン」で出てくる福井弁は、違和感を感じさせるものながら、一生懸命練習した結果なのでしょう、どう変なんだと問われると、うまく説明できなくてムズムズしましたが、あの特別館長さんの話し方が、福井の訛りなのです。

って言っても、番組を見ていた人達は、「え、どうだったっけ?」となるでしょうね。

 

まあ、そんな事はどうでも良いです。

しかし、三国の突堤重要文化財指定になっていたとは知らなんだ。

昔からよく見ていて、なんの感想もありませんでした。

今度、よく見に行きましょう。

 

三国の町中にある旧森田銀行本店は、このブログ始める前に行ってきたところです。

そん時は、写真じゃなくて動画を撮ってきました。

で、東尋坊の動画と合わせて、編集してみて、YouTubeは諦めました。

ひどく面倒くさかったんです。

結局、ブログを書いてみようかとなった訳です。

 

この三国の海岸、砂浜の中にお風呂があるんです。

ブラタモリでは紹介しませんでしたが、温泉で、海岸の砂浜の中のガラス張りの大浴室から海を見ながらってやつで、気持ち良いですよ。

 

勝山の恐竜博物館も紹介されました。

この前行ったばかり。

タモリ一行の案内に出てきたのは、東 洋一先生。

すげえ、豪華、この先生、有名な学者です。ぼくでも名前知っている。

今の恐竜博物館の特別館長だから出てきたのでしょうけどね。

 

まあ、自分のところの、誰でも知っている場所について、今日初めて知った事があるんだってことが、ちょいとした発見でした。

 

 

60歳代のボタン、ポチッとよろしく、どうぞ。

今日は忙しくて、遅く帰ってきました

貴ノ岩の暴行事件、例によって本人の申し出により・・・って形で決着ですね。

もう少し協会なりのきちんとした決着が付けるべきだと思いますが、日馬富士、あの行司、みんな本人の決断だけでおわりですね。

そういう方向に持って行っているんだろうけど、裏に回った寝技ばかりで、協会も情けないですね。

隠蔽体質なんて言われてるんだから、ここは、はっきり、協会がクビにするみたいな結論を示して欲しいです。

 

ところで、叱ったら言い訳する後輩を殴るのは、ぼくは理解できます。

栓抜きで、殴るのはダメですが。

モンゴルは先輩からの教育みたいな、そういうのが残っているんでしょう。

ぼくが理解できても、今の日本では受け入れられません。

そういうことです。

 

ま、あっさり廃業ということで、早い結論は良いのかも知れませんが、もう一度戻れるとしたら・・・って記者からの質問に対して、「新弟子の時に」つて、泣けますね。

 

寝床で思い出したこと

そう言えば、昨日の記事のタイトルは、「冬が来た・・・」

Winter is comeing って、

スターク家の標語っていうかモットーみたいな言葉。

ゲーム・オブ・スローンズです。

昨晩眠りに落ちる前に、そんなこと思っていました。

 

それでね

で、「イースト・ブロードウェイ・ラン・ダウン」ってソニー・ロリンスのアルバムをネタに出して、

このラン・ダウンって、街が寂れてるって意味だとラジオで説明聞いたと書きました。

さて、誰が言ったんだろうと考えたのです。

ラジオでジャズという事なら、大橋巨泉だと思うのですが、なんか違うような。

もしかすると本で読んだのかも。

となると、植草甚一先生あたりが言いそうな気もしてくる。

 

ボタンダウンって何んだろうと思って、知り合いの黒人に聞いたら、シャツの襟の先を指で押さえるんだよ。それで、ああ襟の先にボタンのついたやつかと分かった。

なんて、確か「青年は荒野をめざす」の解説に書いていたっけ。

主人公がナホトカに向かう船に乗り込むときに、ボタンダウンのシャツを着ていたので、そんな事を書いたんでしょう。

 

昔、植草甚一のエッセイが全集みたいにして発売されたときに、何冊も買い込んで、これ付録に彼の日記みたいなのが付いていて、それが結構面白かったです。

全部処分したんだと思います、もう無いから。

 

10代後半から20代前半までのことは、なんでつまらない事まで覚えているのか不思議です。

まあ、面白かったからね。

冬が来た。融雪装置も準備して

雪が降ると、車道には融雪装置が働きます。

単純に道路のセンターライン上に水が吹き出して雪を溶かしてくれます。

福井は雪国ですが、気温がそれほど冷えないので、こういう仕組みなんだろうと思います。

f:id:edwalk:20181205124945j:image

その水の吹き出し口は、必要ない時期は、締められて、冬の前に開いておきます。

締めたり緩めたりするのは、T字型のコックのでかいのでやって、あとはドライバーで具合を調整しています。

1つ1つの吹き出し口に対して、人海戦術、手作業で行なっています。

 

今日歩いていると、裁判所の前の通りで、その融雪装置の準備をしていました。

f:id:edwalk:20181205125014j:image

 

冬です、そういう季節。そういう空。

f:id:edwalk:20181205125128j:image
f:id:edwalk:20181205125120j:image
f:id:edwalk:20181205125124j:image

なんか、福井らしい空の色です。

 

カニです、越前ガニ

カニです。今年お初。カニです。

f:id:edwalk:20181204190825j:image

はい、上がズワイ、オスです。で、下がセイコ、メスです。

ズワイのタグは青く、実は金沢の方のカニである事がバレてます。

許してください。海は同じです。

セイコは多分福井の子です。

二人で両方食べるのです。

 

これ、両方、選ぶのが上手かったです。家内のお手柄。

味が濃くて美味しい。

セイコの内子は、ぼくが食べてしまいました。

基本的にセイコは、ぼくは外子と内子しか食べません。

身は家内に任せます。

ズワイは身とミソを食べます。こっちの身はぼくも食べます。

 

この前紹介した日本酒の原酒飲みました。

カニです。

うまいです。

カニです・・・