子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

髷を掴んだら反則。

今日の貴景勝逸ノ城の取り組み。

見てたら、「あ、髷を掴んだ」って思ったのです。しかも、かなりしっかり掴んでいる。

あの時点で、反則負けだと思ったのですが、行司も審判も相撲を止めないのね。

止めろよと思ってました。

 

で、終わってから物言い。

貴景勝の体が出たのと逸ノ城の足が外に着いたのと、どっちが早いかと言うことなのかなと思ってたら、逸ノ城貴景勝の髷を掴んだから反則負けだって。

 

こっちは、とうに反則なのに、反則にしないのかよお前らと思ってたし、それを土俵の下で見てる照ノ富士は、以前ちょっと相手の髷に指が入っただけて反則負けにされてるから、不公平だと思ってるんだろうな、かわいそうになんて心配してたのに。

遅いよ、反則ならもっと早く止めろよ。

 

放り投げられて、背中を土俵の角にぶつけた貴景勝が、また頸椎に異常をきたしたらどうするんだ。

こっちは勝負より貴景勝の体を心配してるのに。

 

大体、審判長の伊勢ヶ濱は、照ノ富士の師匠でしょ。

照ノ富士が反則負けにされた時、ほんとに可哀想だったんだから、逸ノ城が髷を掴んだ瞬間、相撲を止めて欲しかった。