子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

大坂なおみの試合を観てて「地図の博物図鑑」を納得したのです

ほうじ茶をいれて羊羹を食べようと思ったら、家内が今日買った輸入品のブドウを出してきました。

「甘いよ」

家内がそう言います。

食べてみると、すっごく甘い。

で、食べようとしてた羊羹を一口。

でも、さっきの味を思い出してまたブドウを食べます。

 

普通、羊羹食べてから果物を食べると、甘さに慣れてしまっていて美味しく無いのですが、やはり美味しい。

え?

と言うことは、このブドウ、羊羹より糖度高いの?

 

基本的にぼくはブドウジュースって、コップ一杯飲むの怖くてできません。

100%の葡萄ジュース、あんまり甘くて飲むのが怖い。

以前飲んだ時に、「ああ、これコップ一杯飲んだら、糖尿病になってぼくは死んでしまう」と思ったのです。

それ以来、葡萄ジュースは、ほんのちょっとだけしか飲まないのです。

生の葡萄は気づかずに食べてしまうのですが、やはりすごく甘いのだと、さっき思い知ったみたいな気がしました。

 

 

話は変わりますが、昨日の全豪オープン勝戦観てて、大坂なおみすごいなと思いました。

相手の選手との差はほんの少しなんだけど、やはり差があって、試合が進むにつれて、それが次第に出てくるって感じでした。

あの中継の時に、サービスエースがとれたサーブが、どこを狙ったものかとか、赤い点でコートの上に示してたりしてましたね。

こういう分析って、面白いなと、いや、ぼくはこういうのが苦手なんですけども、こういう分析が大事なんでしょうか。

 

今、「地図の博物図鑑」て本を見ています。

地図の博物図鑑
 

この本のはしがきにこのように書かれています。

脳は地図のためにある。視覚的な生き物である人間がものごとを理解するには、目に見えるようにすることがが重要だ。

だから人びとは昔から地図をつくり、発見したばかりの世界を紙に描き出し、ほかの方法では表現しづらい物語を伝えてきた。地図は概念を説明し、伝達するための最高の手段だ。

そう、やはり目に見えるようにすることは大事なんですね。

 

 

今日の福井

昨日よりもさらに暖かな晴天です。

f:id:edwalk:20210221144606j:image
f:id:edwalk:20210221144610j:image

でも、やはり雪が残っているのですが、融けていきそうです。

f:id:edwalk:20210221144630j:image

こうやって日当たりのいいところに積もった雪を撒けば、すぐに消えていきます。

 

こんな散歩してから、水ガニ、福井ではズボガニと呼びますが、そいつと鯛の刺身食べてを食べて酒飲みました。ああ、おいし、という日曜日であります。。