子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

キャロルってバンド凄かったね

学生の頃、「リブヤング」ってテレビ番組がありました。

確か、日曜の午後だったと思います。司会は愛川欽也

けっこう好きだったんです、その番組。

 

ある日曜日のその番組は、昔のロックンロールな感じのファッションの男女がたくさん出てきて、よくわからないけどツイストを踊りまくっていたのです。

そういうファッションの特集か、ツイストのコンテストか、なんかそんな感じだったと思います。

 

で、バックのバンドも出てました。

初めて見るようなバンドです。ぴっちりした革の上下来てロックンロール演奏してます。髪型はリーゼント。

あくまで後ろで演奏している存在に過ぎません。

 

複数のバンドが出ていたのか、一つだけだったのか覚えてないですが、とにかくやたら目立つ、というかものすごく気になるバンドがいました。

「なに、こいつら」

さすがにテレビで見ていたぼくらも、そんな事言い出しました。

ものすごく気になるんです。

 

番組の最後で、愛川欽也が、「今ミッキー・カーチスさんから電話があって、彼らのデビューが決まりました」なんて叫んでいました。テレビで見てて電話を掛けてきたんですって。

そのアマチュアバンドの名前が「キャロル」。

一番目立つベース弾いて歌っていたのは、矢沢永吉。彼の名前なんか、だいぶ後になって知りましたんですよ。

 

当時は、もしかしたら最初からデビュー決まってて、演出でそんな事したのかなって事も思ったんですよ。

今、この話書くのにちょっと調べたら、どうも演出なしの本当みたい。

 

彼ら、すごかったです。

でも、しばらくしたら解散しちゃった。

今、Wikipedia読んでたら、プロデビュー直前にドラムが「体が弱いから自信ない」って言って抜けちゃって、違う人連れてきてデビューしてるんですね。

でも、どう言えば良いのか、何が良いのかもわかってないんです、ぼくは。

とにかくものすごく気になって、しばらく他のバンドなんか聴いてられなかったんです。

大好きでした。

 

ということで、彼らの最初の曲、ルイジアンナ、どうぞ。

 


キャロル ルイジアンナ