子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

「コウノトリの道」

日本人は淡泊なんだなと思うことの一つが、小説。

コウノトリの道」というのを読みました。

ジャン=クリストフ・グランジェ、ほら「クリムゾン・リバー」の作者ですね。フランス人だと思うんですけど。


 
クリムゾン・リバー」は、ジャン・レノの出た映画を観ただけで、この作家の本を読むのは初めてです。

 

主人公はコウノトリの渡りを追って、東欧、中近東、アフリカなどの国々を旅して行きます。

 

春にヨーロッパへ飛来するはずのコウノトリが多数戻ってこなかった。なぜか、どこへ行くのかをコウノトリの渡りのルートに沿って調査してほしい。

鳥の研究家に依頼されたのです。

でも、旅の直前に依頼者は心臓発作で亡くなってしまいました。

スイスです。

主人公はフランス人。ひょんなことで紹介されて依頼を引き受けました。

 

金は経費も含めて、たっぷりもらっています。

依頼者がいなくなったので、金を返してやめようと思いました。

でも、現地の警部が、その依頼主に対して疑いを抱いていました。もしかしたらダイヤモンドの密輸でもしていたのでは無いか。

主人公に、金をもらっているならば、依頼通り仕事をしてはどうか、過程の中で秘密が明らかになっていくかもしれないし、自分は自分で調べてみるから協力して欲しいと、その警部は言いました。

 

さあ、幾つもの国を股にかけた主人公の冒険が始まります。

 

この作品は、グランジェの小説としての処女作だと解説にありました。

小説を書く前は、ルポルタージュライターだったのです。

そのせいか、いく先々の国の風土や人、社会情勢などがしっかり書かれています。

これがぼくには辛かった。

始めの頃に、この作品を放り出そうとしました。面白くなるまで時間も掛かるのです。

この辺りを我慢してじっくり読んでいくのが、白人のねちっこさなんでしょうか。

 

実は、この本を放り出しても、もう一冊図書館から借りてきているのも同じ作家の作品です。

せっかく広げたのだから読み続けようか。

でも、謎への挑戦だし、進行に合わせていろんな情報が提示されるし、行く先で人が殺されるし、挙句に現地の情報や民族の情報が詰め込まれるので、これはしっかり読まないとダメだし、ということでノートを取りながら読み進めることにしたのです。

 

ノート取りながら小説読むのは初めて。

ぼくが歳を取ったということなんでしょうね。

でも、そのおかげでしっかりついて行けました。時間かかったけど。

 

だって、東欧の街の様子とともに、ジプシーについての理解も得ながら、人が殺されて、その調査もしながら、現地でのコウノトリの観察をして、挙句に殺し屋に追われて、すぐに次の場所に移動して、イスラエルに船で渡って、そこの風土と社会情勢、アラブとユダヤの戦い、そしてキブツの説明と、さらに現地でのコウノトリの観察、やがてアフリカのジャングルを進むのですから。

ノートとってたおかげで混乱せずに最後まで行き着いたのです。

アクションシーンもしっかり描かれています。

 

扱っている犯罪が、嫌な気分にさせるものということが大きいのですが、あんまり後味が良い話ではありませんでした。

最後の謎が解け切ったときに、けっこうオエってなりますよ。

 

 

謎と冒険、暴力とセックス。

これだけ見ると、中学生の頃、夢中になって読んでいたシリーズを思い出しますね。

007。

でも、あっちは「大人のお伽話」と作者自ら定義してましたが、こっちは重たく暗いのです。

 

主人公は論文を書き上げ歴史学の博士号を取ったばかりの32歳。

両親は亡くなっているけども、リッチな養父母のおかげで何不自由無い生活を送り、今、パリの高級アパルトマンに一人で住んでいます。しばらく学問のことは忘れようと、自ら行動して生きている実感が欲しいという高級国民。

たぶん、手荒なことは不得意なんだろうという気がするでしょう。

しかし、やればできる。暴力も得意なんです。

行く先の女どもも、さっさと抱いたりします。

 

それなら明るくアクション物のヒーローになれよ。

そう思いますが、なんとなく過去の謎を引っ張ってたりして。

 

ということで、けっこう面白い話なんですが、これ映画化してるみたいだけど、その映画は観たくないな。

誰だ、フランスのスティーブン・キングだと言ったのは?

 

あ、面白いんですよ。