子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

小さな駅のホームと薔薇についての語り合い。曇りの日の散歩も、やはり暑い。

f:id:edwalk:20200525155935j:image

駅です。単線のえちぜん鉄道。何人か電車を待ってます。

f:id:edwalk:20200525160316j:image

うまい具合に電車が入って来ました。

ぼくは電車の写真が撮れたので油断してカメラの電源を切って、レンズカバーをつけました。

ぼくの使っているカメラは、レンズカバーが自動で閉じたり開いたりするものではありません。物理的なレンズカバーをカパっとつけたり外したり。

で、電車がホームに走り込んで停車した頃、上の写真で言えば左奥から中学生くらいの男の子と、おそらく小学生だと思われる女の子の二人づれが、必死にホームを走って来ました。

兄妹だと思います。そんな風情。

そういう必死の状態を写真に撮るのは気が引けて、ぼくはカメラのレンズカバーを外しませんでした。

一生懸命走った二人は、何とかこの電車に乗れました。

良かったです。

 

ただ運動のために、ぼくはストレッチと腹筋運動をした後に散歩に出たのです。

4、5キロほどの徘徊です。

f:id:edwalk:20200525161117j:image

この前から紹介してますが、福井はバラを植えているお宅が増えて来ました。

すうっと歩いて曲がったお宅もバラが咲いていて、そこのご主人、多分ぼくよりも10ほど年上に見える男性が、ハサミでバラの葉っぱや枝などをパチパチ切っています。花のついてないところです。

「それはバラへの風通しとか、日当たりの都合で切っているんですか?」

見ず知らずなのですが、ぼくは聞いて見ました。

そこのご主人は、ぼくの方を振り返り、ニッコリ笑って

「ようわからんけど、なんか、花に良いみたいな気がして切ってるんですわ」と答えて、また嬉しそうに笑いました。

 

あ、濃厚接触になるとヤバイ。

自分が声をかけたくせに、ぼくは急に気がつき、距離を取ろうとしました。

彼は、もっといろんな事を語り始めようとしましたが、とりあえず「ありがとうございました」と言って歩き出しました。

そこのご主人は「ありがとう」と軽く言って和かにバラの方を向きました。

知らないおじさんに話しかけられたら、返事をしてはいけません。ごめんね。

 

人類が新型コロナウイルスを克服した後に、また語り合いましょう。

 

f:id:edwalk:20200525161955j:image

f:id:edwalk:20200525162008j:image

f:id:edwalk:20200525162017j:image