子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

地方紙はお悔み欄、でも新型コロナウイルス感染の地元状況も。電子版ならなお良い

うちはね日刊県民福井という新聞とってるんです。

以前は、福井新聞だったのですが、突然の値上げ、前触れ無しで。

 

基本的に地元新聞てのは、お悔やみ欄のチェックをしたいから購読するのです。

ニュースだったらネットで十分でしょ。

ということで、いきなりの値上げに対する憤りで、安い方の日刊県民福井に乗り換えました。

 

毎日福井で新型コロナウイルス感染者が出てくると、地元新聞なかなか良いですよ。

 

県は、陽性判明順に感染者に番号を振っていきます。

数日後、それらの濃厚接触者から感染者が出ると、例えば、23番の同僚とか書くわけです。

その関係表、ぼくもそれ見て表を作り、ブログにあげてましたが、そういうのが新聞に掲載されます。

 

それとは別に、感染者の所属する会社や組織から感染者が出た旨の発表があり、それも新聞に載ります。

県発表の表と、この公表記事とを見比べると、ああ、46番はあそこの社長や、とかが分かるのです。

 

 

感染のクラスターが明確になってきて、特定のラウンジ関係のクラスターの人数が大きくなってくると、今度は関係の表以外に、関係図が掲載されるようになりました。これ、イラストレーターかなんかで作ったような図なので、同じのを作るのはけっこう手強く、ぼくはブログに載せることを断念したのです。

 

まあ、そんなブログ事情はどうでも良いのですが、福井の感染状態を把握するには、地元地方紙を購読しているのは有利ですね。

 

 

記事のスクラップは電子版で出来ると楽

ぼくは自分で作った表で把握しきれなくなってきたので、この新聞記事を切り抜いてスクラップしてます。

これ、あんまり好きな作業じゃありません。

新聞の紙面をブラウザで出して、それをコピペしてスクラップしたいなと思うようになりました。

 

福井新聞はD刊という電子版がありますが、これ有料。

日刊県民福井というのは、現在中日新聞が親方で、福井新聞に比べると規模が小さいのです。だから電子版なんか無いだろうと思いました。

 

しかし、発見しました。

さすが中日新聞が親方です。中日新聞プラスというのが存在するのです。

これ中日新聞や、福井なら日刊県民福井を購読している家はタダで読める電子版

ちょいと覗くと、先程の関係表、関係図も拡大できるデータで載っているみたいです。

登録しました。

これで手に入るデータをブログに転用するとマズイだろうと思うのでブログには使いませんが、スクラップが一気に楽になりそう。

 

こういうのはエバーノート使うかなと思うのですが、ぼくは無料版使っているので、使えるデバイスは2つだけになってしまいます。

ちょっと不便ですね。違うアプリだな。