子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

iPadの電池修理 ぼくのiPad mini4の顛末

うちのiPad mini4の電池がダメになって、その対応、経過、結果は、

iPad mini4もそろそろだけど、豪栄道の目付きが変に優しい - 子供の頃のように

その後のiPad mini4 - 子供の頃のように

iPad mini4の交換品到着 - 子供の頃のように

の3つの記事にダラダラと書きました。

少しはお役に立てるブログでありたいとは思ってませんが、それでも時にはお役に立ちたいと言うことで、修理対応の記録としてきちんとしておきます。

 

 

iPad mini4の症状

これ割合早くから、寒さに弱かったのです。

冷え込んでくると電池の減りが早くなるし、気絶することもありました。

気絶というのは、勝手にシャットダウンしてしまうのです。

 

今年に入ってから

ひんぱんに気絶するようになりました。

夜はカバーを着せて寝たのですが、それでも朝は必ず気絶するようになりました。

まだ電池残量があるはずなのですが、立ち上げようとすると電池残量が無いという表示を出して、すぐにまた気絶します。

 

もう古いので電池が弱っているのは確かで、減り方も急激なものになってきました。

 

ネットで調べると気絶する症状は、電池がダメになってきた時のものだと書いてあります。

 

電池を全て使い切るまで動かしてみますと、残量16%くらいで、急に電池残量無しと表示しシャットダウンします。

2、3回試してみましたが、いつもこのくらいの電池残量が実質ゼロということです。

 

 

対応 修理店に持ち込んで

アップルのサイトで、サポートのところにアクセスしてみると、アップルケアなどに入っていない場合、電池の入れ替えは10,800円(税抜き)で対応しているようです。

 

去年末、特別キャンペーンでiPhone7の電池を交換をしました。

その時のことを思い出します。

アップルに物を送って修理してもらうと、1週間ほどかかりますが、持ち込み修理をするとその日のうちに持って帰れます。

 

福井にはApple Storeはありませんから、アップル公認の修理業者であるカメラのキタムラの福井バイパス南店に行くことになります。

アップルのサイトから予約をとります。1月16日の夕方の時間に予約取れました。

 

予約なしでiPhoneの修理とかの客が来ますが、混む時にはすごく待つことになるので、予約した方が良いです。

で、その時間にiPad mini4を持って行きました。

担当の男性が、症状を聞いて、画面を指で何箇所か押して様子を見てました。

「電池がダメになってます」との結論。

画面押してたのは、電池が膨らんできているかどうかのチェックでした。

外見からはわからなかったのですが、電池は膨らんできているのです。

 

iPadは電池交換のプログラムはありません」

ええっ、iPhoneは電池交換できたのに

本体ごと取り換えになるとのことです。

 

で、その店で別の機械をくれるのかと思ったら、この店からアップルにぼくのiPad mini4を送って、アップルからこの店に送り返してもらうとのこと。

そんで、料金は税込で15000円弱だと言います。

アップルのサイトで税抜き10800円(税込11,880円)だと書いてあるのですが、この店の手数料もかかるので、それよりも少し高くなるのです。

 

そんじゃ、自分で直接アップルに送ることにしますと返事して、そのままiPad mini4を持ち帰りました。

 

 

Appleに送ってから代替機が届くまで

家に帰って、アップルのサポートサイトに申込みました。

ぼくのiPad mini4を取りに来るとのこと。

1月17日の18時から20時の間に、クロネコが取りにくることになりました。

 

時間どおりクロネコが来て、持っていってくれました。

 

Appleからは、その都度、修理状況をメールでくれるということですが、ずっと「アップルに送るためのケースをお前のところに向かって運んでいる」というステータスのままです。

もうiPadは送付済みなのに。

 

1月20日に「物は届いたので、これから診断する」という連絡が入りました。

そして1月21日に「これはダメだから、代替機を送った」という連絡が入りました。

ここまで、Appleからのメールは、全て英文です。

なんで?

 

メールには、こちらに届くのは5営業日ほど待ってねと書かれていたので油断していました。

しかし、1月22日の夕方、交換されたiPad mini4は届いたのです。

 

 

代替機の素性

もうiPad mini4は、販売されてないです。

ということは、もう作ってないということですね。

代替機用に在庫しているのでしょうか?

 

もしかすると、整備済の中古iPad mini4が代替機として使われているのかな、などと想像しました。

 

代替機のiPad mini4が無かったら、代わりにiPad mini5を送ってきたら良いなと思いましたが、そう甘くは無かったですね。

 

 

今後の余生

古いCPUの機械なので、この後のiPad OSのバージョンアップについて行けなくなる可能性は大きいですが、それでもネットしたりブログ読んだりするだけなら、まだまだ使えると思いますので、大事にしましょう。

修理代税込で11,880円は、それほど高いものではないように思えました。