子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

新潟は涼しかった 本編 上

ゆっくりと9時半ごろに家を出た。着替えは一応予定泊数プラスワンで二組用意した。

福井を出る前に、スーパーに寄って巻き寿司2本と外国の豚のチャーシュー厚切りその他惣菜を仕入れ、ガソリンを満タンにした。

 

福井北から北陸自動車道に乗った。

金沢の手前の徳光サービスエリアで休憩。

ここで、予定通り圓八のあんころを買う。

f:id:edwalk:20180528104922j:image

このあんころは、翌日餅が固くなる。当たり前だね。で、アンコがなんとも美味しい。どうも高速のサービスエリアでは、ここだけしか買えないようだ。

サービスエリアから砂浜に出られる。ぼくらは行かなかったけど、二階から浜が展望できて、お弁当も広げられる感じ。

f:id:edwalk:20180528105215j:image

ここで早いけど、福井で買った食料で昼飯。

デザートは圓八のあんころ。最高。

豚が美味くて驚く。脂たっぷりだが、口の中ですぐ溶ける。融点の低い脂。

 

再び出発。次は荒磯海というサービスエリアで一服。

松尾芭蕉の句碑がある。

f:id:edwalk:20180528112949j:image
f:id:edwalk:20180528112956j:image

恋人たちの聖地などと書かれ、ベルが下がっている。横の金網に沢山の鍵(錠前)が付けられている。みな同じ鍵なので、きっと売店で売っているのだろうと思う。

けっこうきれいにしているサービスエリア。

 

次のサービスエリアは、名立谷浜。一番読み方難しい。

まあ、休み休みでのんびり動いてます。

 

新潟の手前で、彌彦神社に行こうと思っていたので、西山ICで高速を降ります。

下道をだいぶ走って神社に接近しますが、駐車場がいくつもあり、交通整理の係員が何人も立っています。あまり勉強してこなかったので、こんな大きな神社だとは想像していませんでした。係官のおじさんに聞きながら、ついに第1駐車場と書かれたところに駐車しました。

実は、神社の隣には競輪場がありました。このたくさんの駐車場と、駐車している多くの車、そして交通整理の係官は、もしかしたら神社ではなく競輪のためなのかも知れません。

しかし、神社は、なかなか立派なものでした。お参り客も多いです。

f:id:edwalk:20180528114933j:image
f:id:edwalk:20180528114946j:image
f:id:edwalk:20180528114939j:image
f:id:edwalk:20180528114951j:image
ここを出ようとした時点で、4時過ぎ。

まだ明るいです。

夕暮れの新潟の街を見れますね。

 

下道をひた走り、おお、新潟市街に入りました。

萬代橋を渡り、新潟の繁華街(新潟タウンとガイドブックに書かれています)を抜けて、西海岸公園に駐車。

ここは夕日ポイントだとガイドブックに。

夕日の前に、車の中で栃ノ心鶴竜の取り組みを見る。栃ノ心の悔しがりようがいい。

千秋楽で白鵬ががんばれば、優勝決定戦の可能性がある。。

f:id:edwalk:20180528131130j:image
f:id:edwalk:20180528131135j:image

 

さあ、今夜車中泊予定の朝日まほろば道の駅の温泉の閉館時間が9時だと調べて、ちょっとあせる。

村上市にある施設なので、1時間以上かかるのだ。