子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

スウェーデンの現状を新型コロナとともに知るブログの紹介

ぼくは、この前から id:globaljourneyさんのブログを読ませてもらってます。

 

書いてらっしゃる方はスウェーデンに長く住んでらっしゃるようです。

よく聞く国なのに、全く知らない国。

ドラゴンタトゥーの女の国。

まあ、そういう訳で興味深く読ませていただいてます。

 

スウェーデンのイメージは、とても素晴らしい理想郷というものなんですが、このブログを読んでいると、なるほどなと、やはりどこでも良いことばかりじゃ無いんだと。

 

 

で、このブログ紹介しちゃおうと思いました。御本人に了解頂けないかとお聞きして、OKいただきました。

 

ぼくがうだうだ書くより、ブログの紹介を了承してくださった返事の中のご本人の文章を読んでいただいた方が内容を把握できます。

 

私はコロナ危機が始まる以前から、スウェーデンには2面性があると考えていました。
しかしこのコロナ危機が始まり、それが私の予想以上で、かつ証明できた状態になっております。

しかしメディアはスウェーデンの実態は伝えず、スウェーデンの良い面のみ報道し、日本社会に大きな影響を与えています。

例えば、キャッシュレス化、国民番号制度、環境ビジネス、教育方針などです。また今回のコロナでもスウェーデンと日本が集団感染や自粛の点で同じだと報道されていることも1つの例です。

しかしそうしたスウェーデンの2面性を知らない人は、「スウェーデン=正しい」と自動的に考えてしまうはずです。そして小国であるスウェーデンの考えが、日本に知らず知らず浸透してきていると思います。

そのためできば、多くの日本人にスウェーデンの実態をお知らせして、日本がスウェーデンの実態をしらず、「スウェーデン=正しい」として闇雲に見習い、間違った方向に進まないで頂けたらという気持ちもあり、このブログを書いております。

 

ブログの内容もスタイルも雰囲気も、この文章で受ける感じ通りです。

 

そしてこれが、ブログのタイトル下に書かれている紹介文章です。

日本のメディアでは理想郷としてよく取り上げられるスウェーデンという国ですが、実際あまり観光で来たり、現地の人と一緒に働き生活をしたことがある人はいないかと思います。 そうした未知であまりよく知られていないスウェーデンという国ですが、本当に日本のメディアで言われるような理想郷のような国なのかを、私の実際のスウェーデンでの実際の生活や働きぶりを通してレポートしていきたいと思っています。 そして、スウェーデンという国に興味や関心がある人の役にたててもらえればと思っています。

 

ぼくは、とても興味深いブログだと思います。

マスコミなどによって刷り込まれたスウェーデンのイメージとはまた別のスウェーデンを知ることができます。

 

 

いつもながら、ぼくの紹介は、ちゃんと書けてないのですが、興味持たれたら覗いてみてはいかがでしょうか。

一読お勧めします。