子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

ヤクルトの古田、オーラ無さ過ぎ

テレビの番組で、なんかジャニーズらしいタレントが、子供の頃公園でメガネかけたオジさんに野球教えてもらい、翌日野球中継見てたら、あのメガネのオジさんがホームラン打った。あれ、ヤクルトの古田だったんだ、なんてことを言ってました。

 

 

実は、10年以上前のこと、ぼくは用事があって朝の列車に乗ろうと福井駅のホームのベンチに座ってたんですよ。

 

そしたら、あっちの方から古田に似たサラリーマンがやってきて、向こうのベンチに腰を下ろしました。

似てるなと思ったんです。

でも、ただのサラリーマンです。

 

すると、またあっちの方から高津に似たサラリーマンが歩いてきて、古田似のサラリーマンになんか言っているんです。

似たのが多いなあ。

 

またまた、今度は外人のサラリーマン、オマリーにそっくりなのが来て、先に来ていた二人と笑いながら何か言っています。

ふうん、としか思ってませんでした。

 

そしたら、野村に似た狸が来て・・・とは思いませんでした。

野村は野村です。

野村以外の何かには見えません。

サイン欲しいと思いました。

しかし、迷っているうちにあっちに行ってしまいました。

 

ええっ!!

ということは、あのサラリーマン達は、ヤクルトの選手なのか。

そういえば、昨夜はヤクルトの試合が福井であったのです。

 

正直言って、選手たちオーラ無さ過ぎ。

監督だけオーラあるの。

やっぱ、現役時代は大スターでしたからね。

野村だもんね。

 

最初に現れたのが古田だから、全部サラリーマンと思い込んだのです。

 

あのオーラの無さぶりはすごいです。

野球教えてもらった子供が、ただのメガネのオジさんとしか思わないのは無理ありません。

もうちょっとスターらしい何かを発してもらいたいです。