子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

錦織見て、相撲も見て、稀勢の里の顔を見てたら、なんだかなあ

次が結びになるので、負け残りで土俵際に座って待つ時に、顔のアップがテレビに映ります。

もしかしたら、新弟子時代から今日までが走馬灯のように頭の中を駆け巡っているのかなと思わせるような表情でした。

実際どうなるのか、今夜ニュース速報を見ることになるのか、わかりませんが、ぼくの気持ちもある程度一段落で、落ち着いたものになりました。

 

次の結びは錦木が勝つんじゃ無いかと言っていましたが、思った通り鶴竜は負けました。

つい「がんばれ田舎者」と叫んで、家内に叱られるのですが、錦木の顔が好きです。

 

今日は、舞の海が解説で、「恥をさらしている」とか「親方が辞めろと言うもんですが」など、馬鹿としか言いようのない言葉を繰り出していましたが、それに対する怒りも、取り組みの終わった後の稀勢の里の表情を見ていると消えて行きました。

 

ぼくが今好きな相撲取りは、阿武咲、貴景勝、錦木です。他にも良い相撲取りがどんどん出てきます。今場所の大関横綱陣の状況を見ると、世代交代という言葉が浮かんできます。

 

あることが起きたら、さっそく書こうと思っていることがあります。先場所から考えていたのですが、さて、もうすぐ書くことになるんでしょうか。なるよ。

 

 

午前中、錦織のテニスの試合を2セットまで見て、1日のうちにハラハラしながら応援するのは、1回で十分だと見るのやめたのですが、後で勝ってしまったと聞いて、ああ良かったと思いましたが、試合の状況を知ると、マイフシャックも頑張っていたのに気の毒だと思いました。