子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。

紫陽花と子供達

いよいよ地元のテレビニュースで足羽山の紫陽花が話題になりました。

天気が回復した今日の朝、散歩で行ってきました。

 

途中、小さな公園で白いブラウスにたすき掛けの紐がついた紺色のスカート、たぶん学校の制服でしょう、という姿の女の子二人が元気よくブランコに乗っているのを見かけました。

キャーキャー言う元気のいい声が、道を歩くぼくの視線を引きつけます。

ブランコは勢いよく振れて、かなりの高さまで上がっています。

小学生か中学生か、ちょっと迷うくらいの年齢です。

思わず写真撮ろうとしましたが、昨今の社会状況を勘案して止めました。

でも、なんか嬉しくなる風景でした。

学校はどうなっているのかと思いましたが、だいぶ離れたところに先生らしき若い人たちが三人ほどいたので安心しました。

 

足羽山のアジサイの道、先日も来ましたが、やはり今日の方がいい感じです。

f:id:edwalk:20180614134229j:image
f:id:edwalk:20180614134234j:image
f:id:edwalk:20180614134246j:image
f:id:edwalk:20180614134241j:image
f:id:edwalk:20180614134238j:image

まだ開ききっていない花もあります。

今回は、この坂道を上の方まで上りきりました。けっこう汗をかきます。

このまま山の上を歩こうかなとも思いましたが、とりあえずちょっと歩いたところにある下りの道を降りて帰ることにします。

 

途中、小さな子供達が坂道を登ってくるのに遭遇。

f:id:edwalk:20180614134742j:image

これも、いろいろ考えて、近くでの撮影は遠慮しました。これなら顔もはっきりわかりませんしね。

すれ違う際に、先頭の子供が嬉しそうな顔をこちらに向けて「おはようございます」と大きな声で挨拶してくれました。

率いている保母さんも笑ってしまい、ぼくも笑って挨拶を返しました。

列が過ぎるまで、子供達の挨拶が続き、なんだか嬉しくなりました。