子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

「100分で名著」は、10分では無く、しかも侮れない影響力なのです

「10分で名著」ですか?

図書館のカウンターの担当者が目の前のおばあちゃんに聞きました。

おばあちゃんが、何やらテレビで見た本を探してるのです。

それ「100分で名著」やろと、突っ込んでやろうかと思ったと、そのおばあちゃんの横で、別の担当者に読みたい本を頼んでいた家内は、後でぼくに言いました。

NHKeテレの番組は、「100分で名著」です。

朝早いその番組を家内は観ています。

ぼくは、その伊集院光が出ている番組は観てないのですが、番組宣伝で今「砂の女」を扱っているのは知ってます。

そのおばあちゃんが読みたい本は「砂の女」なのでしょう。

ところで、家内はリクエストのカードを書き出しました。

何借りるの?

砂の女

どうやら家内も、同じ番組を観て読みたくなったのでした。

安部公房のその作品は、ぼくらが行った図書館には貸し出せる本が無く、予約しなければならない状態。

あの番組の影響力の大きさに感心しました。