子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

ドゥエイン・ジョンソンが出ないのなら、ジョン・シナでいきましょうって、それWWEなの?「ワイルド・スピード ジェットブレイク」

いつものあれ。Amazon Prime Videoで。

なんちゅうか、あの人気アホ映画の最新作があっさりタダで観れるてのは、やはり新型コロナのおかげでしょうか。

 

今回のは、途中からレギュラーとなっていたドゥエイン・ジョンソン(ロック様)が、もう出るのヤダと出演拒否ったというのはネットニュースですでに知ってました。

でも、映画観てたら、知った顔が。顎が立派でガタイがすごいけど身長的には普通の人の大きめ。

ああ、この人知ってる。ええっと・・・、ああジョン・シナ

ドゥエイン・ジョンソンと同じく、プロレス団体WWEのスタープロレスラーで、最近リングの上にはご無沙汰だけど、何本か映画に出ているという、俳優としてはドゥエイン・ジョンソンには及ばないけど、B級アクション映画で主演もあるという、割合似たような立ち位置の人です。

リングで見ると、身長が普通ぽいと言うかプロレスラーとしては小柄に思うんだけど、映画俳優と並ぶとそこそこ大柄な部類です。

主人公のドミニク(ドム)の弟という設定。

 

まあ、ドゥエイン・ジョンソンが出ないのなら、同じプロレスラーのジョン・シナでどうだ? という意図は明確に伝わってきました。

WWEからは、よくプロレスラーが映画に出演してますね。あとよく見かけるのは、バティスタ(デイブ・バウティスタ)が007やガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、その流れでアベンジャーズとか、いろんな映画に出演してますね。他にも映画出演している人が結構いますけど、この3人は映画俳優転身優成功組ですね。

すいません、WWEプロレス以外に、この映画について語りたいものは、ぼくにはありません。

 

アホ映画シリーズ、素直に楽しみましょうや。はちゃめちゃ、非現実、ギャハハということで。

今のNHK朝ドラに負けないくらいご都合主義ですけど、朝ドラと違って最初から受け入れるつもりだと、とても面白いです。