子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

最近ウクライナのニュース見るのが辛くなってきました。世界の現実から目を背けて生きてきたもので。なんて思いながら散歩してます。

暑くなってきたので、昼間の散歩はどうも・・・、などと思いましたが、もう寒くないのでシャワーを浴びても風邪はひかないということで、散歩に出ます。

今日の天気は曇り晴れ。空の感じは、こんなもんです。

f:id:edwalk:20220413212750j:image

平地の桜は終わり。日当たりの良い足羽河原の土手の桜も、この前まで満開だったのですが、もうピンクからグリーンに色を変えてます。
f:id:edwalk:20220413212744j:image

枝垂れ桜は、葉っぱと花が共存してる状況です。
f:id:edwalk:20220413212752j:image

代わりに八重桜の花が開きました。ピンクが濃いのも良いですね。
f:id:edwalk:20220413212747j:image

 

ウクライナの虐殺や変なガスの話を聞くと、胸糞が悪くなります。早く降伏しろという人もいましたが、侵略されると降伏しても嫌なことが起こるでしょうね。平和ボケのぼくたちです。

共産党の委員長が、侵略を受けたら自衛隊を活用して国を守るんだと言い出しました。ウクライナは早く降伏しろと言った人たちより少しマシなのでしょうか。

憲法を改正しなくても、かなりのことが出来るんだという主張なんでしょうけれど、それならあっさり憲法改正に応じた方が素直だと思うのですが。

どうしても文言を変えたくないのは、過去の絶対平和幻想が破られて現実を突きつけられ、今までの発言は夢うつつの戯言でしたと認めざるを得ないのだけど、それは自分達の存在自体の頼りなさを認めることになるから、とりあえず憲法改正は頰被りして、改正しなくてもなんでも出来るよと言い出したのでしょうか。

自分の間違いを認めても、ぼくは非難しませんが。

それぞれのメンツなんか気にせずに、ぼくらの命と財産を守るために、野党の方達は誠実に仕事して下さい。

だいたい、国民の命と財産を守るつもりの無い国に税金を払うわけにはいきませんから。