子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

自らを守ろうとしない国をなぜ我々が守らなければならないのか? って思うでしょうね

西側はウクライナを見捨てたと、ウクライナ大統領が言いました。

その通りでした。

NATO加盟を望んだウクライナに対して、いずれロシアが文句をつけてくるのが分かっていたから、加盟を認めることはしなかったんですよね。

で、ロシアが侵攻してきたら、NATO加盟国じゃ無いから軍隊の派遣ができないと。

 

正直、NATOが軍を派遣しなかったことは大きな戦争を避けると言う意味では良かったように思います。

ま、オバマ・バイデンのやり口なんでしょか。

しかし、日本が中国やロシア、韓国から攻められた時に、アメリカは安保があっても日本を護らないだろうと言うことは察しがつきます。

台湾も同じことを心配しています。

 

日本の場合は、自衛の戦いもできない状態だから、タイトルのような話になって、米軍基地を守るためには戦うけど、アメリカは日本を守ることはしないでしょうね。

特に、韓国が侵攻してくると、アメリカはどちらの味方もしづらいし、米軍基地に手を出さなければ、黙って見ているような気がします。竹島のときもそうでしたし。

やはり、さっさと憲法9条削除して、性能の良い核ミサイルをバッチリと心配な国に向けて設置して、侵攻しようとしたら核ミサイルをぶち込むと宣言した方が良いと思います。

戦争放棄って考えは、ナンセンス(言葉の意味通り)だし、それで自分達の安全を守れるわけ無いし、9条は平和を謳っているわけじゃ無く、ただ無条件降伏を言葉にしただけの条文ですから。

ま、理想論はいろいろあるでしょうけど、それは好きなだけ平時に主張して貰えば良いですから、とりあえず準備だけしておいた方が身のためじゃないでしょか。

具体的な戦闘を行うのは無理でしょうし、嫌でしょ。

核ミサイルでの脅し一本勝負。

それでも攻めてきたら、目を瞑ってミサイル発射するしか無い訳ですけどね。軍事いやだから仕方ないでしょ。