子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

北の町では、もおおう、悲しみを暖炉で、燃やし始めてるらしい

うちの台所というかダイニングキッチンの暖房は、石油ファンヒーターです。

しかし、こいつ、最近訳の分からないエラーコードを表示して止まってしまうようになりました。

ネットで、メーカー名とエラーコードを入力してググって見ると、それは修理の必要なエラー。

もうダメの状態なのでした。

それでも騙し騙し使ってきましたが、ついに今朝、ギブアップ宣言が出ました。

他の小さなファンヒーターを持ってきて使ってましたが、朝食の後、新しいのを買おうという夫婦の意見の一致。

 

で、どんなのを買うのかと家内が聞きます。

実は、ぼくは石油ストーブが欲しいのです。昔ながらの。

上にヤカンを乗せればお湯が沸き、鍋を乗せれば、おでんやシチュー、さらにはロールキャベツなどが出来てしまう、なんなら餅も焼けてしまう、ぼくが子供の頃に馴染んだ、あの石油ストーブ。

家内も同じことを考えていたと言います。

f:id:edwalk:20201216145720j:image

 

早速、ホームセンターに行きました。

適当なのを選んで買って持って帰りました。

いいですね、あのぽっと赤い色。ほっとしますでしょ。

 

困ったのは、壊れかけのファンヒーターに入っている灯油。

満タンに近かったのです。

あのタンク、安全のためなのか、ポンプが差し込めないようになっているのです。

まあ、スィッチ入れて、しばらく動いてからバチっと止まるので、毎朝、ストーブで温まる直前の間の暖房に役立ってもらい、灯油が空になったら捨てることにしましょうか。

 

と言うことで、早速、お湯を沸かしたりして、「ああ、ファンヒーターと違って音が無いのがいいね」などと言いながら、当面気に入っているのです。

今、別の部屋で、エアコンの暖房使っていますが、風の音がします。この音が無いと言うのも、しみじみとした冬だなあって気がするのです。

 

福井は雪景色。

白いです。

寒いです。