子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

極超音速ミサイルを韓国が開発

極超音速ミサイルは、その名の通り音速をすげく上回るスピードで飛行するので、既存の迎撃ミサイルでは撃ち落とせません。

長距離飛行技術が確立されれば、発射から1、2時間で地球上のどこでも攻撃ができます。

この極超高速ミサイルを開発していると、韓国の国防相が発表しています。

 

戦場のパラダイムを転換できる新兵器システム。

国際秩序を変えるゲームチェンジャー。

 

2023年までに飛行実験を完了するということです。

文在寅の得意顔が浮かぶでしょう。

 

例えば、北朝鮮の核弾頭をこれに詰むとか、南北統一の成果は素晴らしいですね。

露骨にできなかったら、ミサイルの技術は韓国が開発して、その技術を北に渡す手もあります。

 

完成して、実際に撃ち込むのは日本でしょうけれど、そうやって新兵器の効果を知らしめて、世界の一等国の仲間入りです。

日本にぶち込むと、一瞬みんな黙るでしょうね。

それを咎めて、世界核ミサイル戦争が起きるよりも、新たな均衡を築く方が現実的ですね。

 

日本は、このようなミサイルの配備を2020年代の後半に計画しているみたいですが、急がないとヤバいですね。

戦争の放棄は、日本が勝手に言っていることなので、そんな事誰も気にしない国際社会です。