子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

松鳳山もあれだけど、鶴竜はどうなんだ?

ロシアがベラルーシに、核弾頭を装着できるミサイルを配備するらしいですね。

なんか未来がヤバそう。

そんな現実から目を背けているぼくは、暑い!と言いながらクーラーをつけて寝転がっています。

 

油や石炭を使わず、原子力発電もダメだという主張の人は、エアコンを捨てて下さい。

あ、電気自動車動かす電力もありませんから、歩きか自転車、運送はリヤカーでするしか無いですので、よろしく。

なお、ヨーロッパは都合良く原子力発電を容認してますね。

 

さっき車にガソリン入れてきましたが、リッター168円だったので、暗い気持ちになりました。

 

松鳳山が、親方株を手に入れられず、引退、廃業するってニュースも暗い気持ちになります。

十両の取り組みの解説に出てくる親方には「お前だれ?」って言いたくなる人がいますけど、せめて三役以上の経歴の力士は確実に親方になれるように相撲協会は工夫すべきでしょ。

 

だいたい部屋の経営するのが嫌だったり、力士に指導するのが得意では無いという人が親方になったりするのは変だし。

それなら親方制度やめて、コーチの資格作って試験して合格した人にコーチのライセンスやって、実際どこかの部屋のコーチになるのかは本人の就職活動次第とするとか、部屋の立ち上げもコーチ資格ある人が資金の目処とか新弟子の見込み、不動産の用意ができているとか、そういうのを審査して認めるとか。

それが出来ないのなら、親方株取得条件を現状と変えるとか、あっさり一門や部屋という制度やめるとかね。

考えるのが嫌な人は役員になるべきでは無いですね。