子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

「高架線」滝口悠生作は、読んでみられることをお薦めするのです

ぼくは、先日も書いたけど本を読むスピードがとても遅くなってきました。

最近、いろいろ気が散るので、面白い小説を読んでいても、途中で読むのを中断してたりするんです。

ストーリーで引っ張るタイプじゃなくて、文章を読んでいて面白いタイプの作品だと、途中で中断して違うことをしていても大丈夫なんです。

今回はiPhoneの買い替えがあったので、調べたり、色を選んだりと、そういうのも楽しいでしょ、だから読むのを中断してる時間が長かったのです。

ええ、滝口悠生さんが書いた「高架線」をようやく読み終えました。

 

この本については、読み始めた頃にブログで取り上げたので、今更また書く必要は無いのですが、「かたばみ荘」という古いアパートに縁のある人たち、さらには、その人たちに縁のある人たちが、それぞれの話を一人称でリレーのように語っていくのです。

派手なストーリー展開はありませんが、何人もの人たちの語りがとても良くて、読了後も他の人たちに、この作品をお薦めしたくなってしまうのです。

 

ということで、はっきり言えば、この作品はとてもとても面白いのです。

この語りにやられちゃって下さい。

皆様に強くお薦めする次第です。