子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

メディウム 霊媒探偵 城塚翡翠

読んじゃいました。最初「なんだこれ」と思ってたのですが、6ページから380ページに至る本作品の、289ページあたりから「なるほど」と思わせられ始めるのです。

 

この表紙の絵、なんかすごいですね。

城塚翡翠はクォーターで、碧眼。すごく可愛くて綺麗だということで、この表紙の女性は翡翠だということでしょう。

ただ、目の色がグリーンに描かれてますが、グリーンの瞳はアイルランド人にいたりしますけど碧眼てブルーなんでしょ。

翡翠だからグリーンなんでしょか。

 

本書の289ページから後のことを書くと完全にネタバレになっちゃうし、本作はネタバレすると読む価値がなくなりますから、もうこれ以上この作品に関して書かないでおきましょう。

ということで、ひとつ。

 

あ、帯に「本読み書店員さん、大絶叫!」と書かれていて、

ブッラボー〜!!!!!!とか、うぉおおおおおおおお!!!とか、うそやんっ!?ほんまに???等々、そんな叫びが書かれています。

すべて、伏線だったのですね という叫びが一番まともそうです。