子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

本日も晴天なり。雪を消す作業日和。

福井は今日も晴れてます。

ぼくは、どこにも行かないで、家の前の雪を少しずつ消していく作業をすることにしました。

氷のように硬く、地面に頑固に貼り付いてしまっている雪を、アルミスコップでちょっとずつ削って、アスファルトが完全に剥き出しになっている道路に撒くのです。

たくさん撒きすぎると交通の障害になってしまうので、薄く散らすようにします。

塊があったらゴム長の踵で踏みつけ砕きます。

 

で、しばらく放置。紅茶でも飲んでいます。

撒いた雪が太陽で融けたころ、また外に出て、同じ作業を繰り返す。

ちょっとずつ雪が消えていくのです。

雪の塊の背が低くなったら、そのうち降ると予報されている雨に融かしてもらうのです。

 

雪が消えていくと、春が来るのが近づくような気がするのです。

錯覚なんですけどね。

二月にまた雪が来るかも知れません。信じたく無いけども。

それでも、今ある雪が消えるのはうれしいのです。

 

さっきから町内の年寄りたちが、同じような作業をしています。

ちょっと作業したら、遅い昼食を食べて、焼酎のお湯割りなんぞをすすりながら相撲を見る予定です。

 

 

あ、相撲といえば、昨日、隠岐の海が2回正代に勝ったのですが、2回とも物言いがついて、3回目の取り直しになるのかなと思っていたら、負けになってしまって気の毒でしたね。

相撲はスポーツでは無いという相撲協会の主張でした。

きっと、そうなるんだろうなと思ってたので、ぼくは文句を言いませんでした。

 

大栄翔が2敗になってしまいました。

正代が優勝するのか?照ノ富士は二桁勝利するのか?

そんなことよりも、今日、朝乃山は照ノ富士にまた負けるのか、それとも・・・

相撲協会執行部の考えがどうであろうが、やっているお相撲さんたちは一生懸命なので、やはり面白いのです。