子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

セーラー服に金髪のポニーテール

あのね、今日の午前中にアップした記事は、句のとおりiPhoneで書いてスーパーの駐車場から投稿したのです。

 

その後、もう一軒行くようにと家内から指示が出て、次のスーパーに行きました。

ぼくは、ちょっとトイレに行きたくなり、家内が買い物をしている間にそのスーパーのトイレに行きました。

 

トイレの手前はイートインコーナーになっていて、テーブルにおばあちゃんが座って、向かい合わせに座った相手と話しをしていました。

おばあちゃんの向かい側には白い半袖のセーラー服を着た大柄な人の後ろ姿。髪の毛は金髪。ポニーテール。

なんか違和感をおぼえたのですが、とりあえずトイレが先です。

 

「セーラー服の髪は金色」と下の方の12音を頭に浮かべながらオシッコして、手を洗ってトイレを出ます。

やっぱちゃんと見ようと、そのテーブル近くを通過したのですが、どうも変。

金髪のセーラー服は、横から見ると赤いフレームの眼鏡を掛けています。

しかし、どうもゴツいのです。それに若く無い。女子高生じゃないんです。

すぐ後ろを通過するときに手元が見えましたが、爪にマニュキア。それもグレイな青。べったりした暗い青。

太い指が老けてます。シワがあるし、薄汚れた感じ。

おかしい。

でも、それ以上見るのが怖い。

 

車に戻ってエアコン入れて待っていると、家内の買い物が終わりました。

乗り込んできたので、さっき見た光景を説明し、見に行ってくれと頼みました。

あれは何だったんだろう。

家内もトイレに行くことにして、もう一度ストアに入ります。

 

しばらくして戻ってきた家内に「どうやった?」と聞きます。

「あれは高校生でない」

「そうやろ」

「背中に脂がついていた。だいぶ歳いっている」

背が高いし、もしかすると男かもというのが家内の意見。

セーラー服の下に、厚手の下着きているから冷え性というか年寄り。

紫色の靴下履いていて、その色が落ちているし、素材もだいぶくたびれていて、ヨレヨレだし。

 

ぼくは、そっと車を出して家に向かいました。

ぼくらは見てはいけないものを見てしまったのです。

 

       初秋やセーラー服の髪は金色