子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

ベット・ミドラーのDo You Want to Dance。「後妻業の女」映画の方です。あれ、黒川博行?。そして、ついでですが「濱マイク」って好きでした。

Do You, Do You, Do you wannna Dance

と、歌が流れるんです。

気になりました。

スローな軽い女声。

かなり昔からある歌で、いろんな人が歌っているように思うのですが、はて、これは誰が歌っているのか?

あ、「後妻業の女」映画の方です。

 

後妻業の女

後妻業の女

 

 

挿入歌のこれが気になって、映画見終わってからググりました。

ネットは便利ですね。

ベット・ミドラー

 

ああ、ベット・ミドラー

ルックスに抵抗があって、あまり聴いていません。

昔むかし大昔、新宿かどこかの映画館で観た「ローズ」って映画で主演してましたね。

ジャニス・ジョプリンをモデルにしてるのかな。

ツアーに出るときに、Wellcome to the Rock&Roll って言うシーンがあって、それが今頭を横切りました。

 

ほんとにアマゾンっ子ですね、ぼくは。

Amazon Musicで調べると、この曲ありました。

The Best Bette

The Best Bette

 

このアルバムに入ってます。

マイミュージックに入れました。

 

 

映画は、面白かったです。

あまり多くは語りませんが、気になったことがあるんで、ちょっとだけ書きます。

 

「後妻業の女」と言うのは、ぼくの大好きな「疫病神シリーズ」を書いている黒川博行の小説です。

金持ちの爺さんをタラし込んで、後妻になり、しばらく経ってから旦那を殺して遺産をいただくという職業を「後妻業」と言います。

 

この常習犯の女、映画では大竹しのぶが演じています。

作品の中で最後に殺した相手は、津川雅彦

その前の結婚相手で、すでに殺しているのが伊武雅刀

この伊武雅刀の息子夫婦がいるんですが、大竹しのぶを調べ始めた探偵(キョンキョンの元夫、永瀬正敏、「濱マイク」ってドラマ好きでした)が、話を聞きにこの息子夫婦の家を訪ねます。

出てきたのは、息子の嫁のミムラ

 

でね、回想シーンで、このミムラの夫、伊武雅刀の息子もちょっと映るんですが、この人、ぼくは原作者の黒川博行みたいな気がするのです。

 

ネットで調べるんですが、答えが見つけられていません。

でも、あれ、違うかなあ?

 

と、いろいろ気になることの多い映画でした。