子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

相撲協会しょうもな

ファイトクラブという非常に有名な映画を、ぼくは観てませんでした。

 

 

で、ついに今晩観たってことです。

こんなに面白い作品だとは思ってもいませんでした。

自分の愚かさに気がつく瞬間というのは、残念ながら結構あります。ま、今夜も気付いてしまったということです。

それでも、割合早いうちから、主人公とブラピの関係に気付きました。

まあ、そんなん気が付いても仕方ありませんけども。

 

なんで、この映画を観たかといえば、午後のうちは、今日の相撲協会理事会の結果だけテレビで知り、「そりゃ当たり前だわな」と思っていたのです。

まあ、普通遺留するはずなのですが、追い出したかったという気持ちと、実際、遺留しようとしても会ってももらえないだろうから、仕方ないよねとは納得してました。

しかし、夕方のニュースで、相撲協会の会見が映り、八角が登場すると、

  • 悪いのはお前だ
  • ようそんな心にも無い事を
  • 自分が全て悪いんですと言え
  • 最初から、自分の徳の無さが原因ですと言えば良いのに
  • お前の器の小ささが全ての原因や
  • 人を妬んだその心があかん
  • しょうもない男
  • 今すぐ辞任しろ

等々、夫婦でビール等飲みながら、テレビ画面に向かって罵り続けてしまいました。

胸のつかえは取れますが、ささくれ立つ心を鎮めるために、映画でも観ようかという気分になりました。

 

こういう時のプライムビデオ。

面白かった。

マーラ・シンガーを演じたヘレナ・ボナム=カーター、なんとなく良かったですね。