子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

USA14 野外コンサートの季節 ジェームス・テイラーからジャコ・パス

季節が良くなると、いろんなミュージシャンが新しいアルバムの曲を持って、コンサートして廻るようになります。

 

クリーブランドというか、クリーブランドの近くに大きな公園の中に野外コンサート場がある所がありました。

何回か行ったのですが、ここの名前が思い出せません。

さっき、「クリーブランド 野外コンサート」でググったら、ブロッサム・ミュージック・センターというのが出てきました。クリーブランドからだいぶ離れてアクロンの近くのようです。

あ、聞き覚えあるし、たしかに高速に乗って行きました。

 

 

春先に、クリーブランドの球場で、ワールド・シリーズ・オブ・ロックというコンサートが開かれ、観客が拳銃を撃って、何人か亡くなったりしたのをニュースで見たりしました。

皆さん、いろんなものを吸ったり、飲んだりするので、かなり危険です。

と思っていたら、クラプトンのコンサートがあるという情報があったのですが、ロックコンサートは危険かも知れないと、パスしてしまいました。

後で考えると損しました。

 

で、ジェームス・テイラー

日本人のKくんが、行こうよと誘います。

郊外に野外コンサート場があり、そこであるらしい。

客は芝生の上で聴くと言います。芝生の上だからローンチケット。

大学にチケット売り場があって、そこで買いました。

 

現地はすごく大きな公園で、中に入っていくと、高い屋根があるステージを中心にして半円状に広々とした芝生が広がっている会場があります。芝生はステージに向かってなだらかな傾斜で下がっています。

傾斜のゆるやかなすり鉢。

わざわざローンチケットと言うので、普通の椅子席もあるのかと思いましたが、芝生席だけです。

なんせジェームス・テイラーですから、聴衆もすごくたくさんいますが、芝生に寝転がれるだけの十分な余裕があります。

とにかく広いのです。

 

聴衆はアイスボックスや大きなカバンに、食べ物や飲み物を持って、会場に入る列に並びます。

入り口には警察官が何人もいて、荷物チェックをしています。

事前に、ビンの持ち込みは出来ないと聞きました。

ビンを投げる奴がいると危険だからです。

警官たちは、ビンを持っているかどうかのチェックをしています。

もちろん拳銃なんかも、持っていれば取り上げるはずです。

だから、珍しい革袋のワイン入れなんかを肩に掛けて持っているのがいます。

薬物などもチェックするんだろうと思いましたが、あまり見ていない感じです。

後で会場に入ってから、腰が抜けて歩けなくなるほどキメまくっているのがいたりしましたから。

 

それでも皆さん、いろいろ工夫するみたいです。

ぼくらの少し前に、若い女の子が両脇に荷物を抱えているのですが、あきらかに上半身裸の上にサロペットと言うんですか、オーバーオールを着ているだけです。

警官の前に行くと、さあ見てと脇に抱えた荷物を差し出しますが、胸の脇を突き出すようにして見せるので、さすがに警官も手が出ません。

しかし、すぐに厳しい顔ながら割と美人の婦警さんがやってきて、荷物をチェックしてました。

 

そんなこんなで中に入り、芝生に陣取り、飲んだり食べたりして開演を待つのです。

他の聴衆と接触するほど近づかなくて良く、余裕があってすごく快適でした。

 

演奏は素晴らしく、みんな喜んで、アンコールをせがみます。

せがみ方は、ライターを上に掲げて、火をつけるのです。

いわゆる百円ライターなので、指が熱くなりますが、とにかく点けっ放しで、黙って待ちます。

ミュージシャン達がステージに戻って来ると、大歓声。

準備が整うと、静かになって、ドラムが響き、サマータイム・ブルースをやってくれたのが、鮮やかに思い出されます。

最初のドラムの演奏の時にバスドラムに照明が当たり、ストロボのようにフラッシュして曲が始まりました。

 

この後、ドゥービー・ブラザーズやいろんなミュージシャンのコンサートに何回も行きました。

全部、このブロッサム・ミュージック・センターの芝生席です。

 

この79年は、ジョニ・ミッチェルが「ミンガス」というアルバムを出し、クリーブランドにも来ました。

このコンサートにも行きました。

横で、エレキベースを弾いているのが、えらく気になりました。不勉強で恥ずかしいのですが、ジャコ・パストリアスでした。ウェザーリポートの。

メインのジョニ・ミッチェルも良いのですが、やはりジャコ・パス、目立ってしょうがありませんでした。

 

コンサートが終わって、みんな車に乗って帰るのですが、すごい蛇行している車が混じったりしました。まあ、当時は飲酒運転は、かなり多目に見ているようでしたが、ラリ運転は取り締まって欲しいと思いました。

それでも大した危険なく、アパートにたどり着いていたのです。