子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

大学の授業の単位は人を殺すほどのものじゃない

学生の頃のレポートと全員不可のしうち

ああ、そうだ、思い出した。

ぼくが学生の頃、大学は学生運動でひどく荒れていて、期末のテストが出来ない事がありました。というか、テストの半分くらい無かったような。

この場合、レポート提出となります。

 

で、ある教養科目がありまして、興味が無い科目でしたが、授業をとりました。

これもレポート提出になったので、適当にレポート作って出したのです。

で、成績の発表があり、ぼくはその科目「不可」。

え、なんで?

情熱が無かったのは事実です。適当に書いたのも事実です。

しかし、「不可」ってことは無いでしょう。

 

ガッカリしてたら、同じクラスのやつがやってきて、全員不可をくらったと教えてくれました。

学生が、その先生を殴ったらしく、その仕返しに全員不可にしたらしい。

 

馬鹿野郎。

みんなその先生の研究室に行って、殴ってやるということになりました。

しかし、敵もわかってます。

研究室はもぬけの空。逃げやがった。

全員不可にして、すぐに逃げたらしい。

 

まあ、そんな科目の単位が無くても、どうということはありません。

無事卒業しましたが、まあ、学生も先生も、他愛もない時代だったのです。

 

 

今は、笑えないんだ

名城大学の学生が、自分のレポート提出が間に合わなくて単位がもらえない理由で、担当の准教授をハサミで刺した事件、ショッキングですね。

 

だって、レポート出せないのは自分が悪いのです。それで、レポート出さなかったら単位もらえないのも当たり前のことでしょう。

自分の思い通りにならなかったら、相手を殺すという発想。自分勝手。

 

怖いなと思うのは、この学生が特殊な人では無いかもしれないと思うからです。少し変わった人程度かも。

自分の行動、目的だけしか頭に無いのは、最近、皆さんそうですもん。自分のしようとしていることしか考えてない。

 

笑えない時代。