子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

スノボ・クロスって面白い競技を初めて知りました。そして、やはり羽生結弦くんは見ちゃいます。

男子フィギュアスケート見ちゃいますね

昼から男子フィギュアスケートのフリー演技を目当てにテレビつけました。

羽生結弦くん、大スターですね。

4回転半(4回転アクセル)というジャンプを飛ぶんだという目的を持って、彼はこのオリンピックに出てきたのですね。

まだ、世界で誰も成功していない技だそうです。

彼も、練習ではなかなかできないらしい。でも、本番なら出来るんじゃないかなって、思いました、ぼくは。

そういうもんでしょ。本番をやってみなきゃ、どうなるかわかりませんもん。

飛びました、羽生結弦。残念ながら着氷で失敗。

でも、こういう賭けは、ぼくは良いと思うというか、いちかばちかトライしないと意味がありません。

だって、金メダルなら、もう2回も取っているし、現状で世界的大人気スターですもん。

出来ないんじゃないかって思うようなことにトライしないと。

大拍手。

 

鍵山くん、良かったですね。

ネイサン・チェンさんも素晴らしかったです。

 

 

スノボのクロスってすごく面白いです

スノボ履いた4人の選手が、一斉にスタートするんです。

コースは、縦にうねうね。ラクダの背中状態。

で、直線は、しばらくすると急なカーブになって、その先ジャンプ台があったりして、これでもかというコースを精一杯のスピードで滑り、競争するのです。

雪上の格闘技って言われてます。

単純に観てて面白いです。夫婦でワアワアと言いながら見てました。けっこう興奮するんです。

 

日本からは高原選手が参加してました。

準々決勝まで進んで、途中でひっくり返って負けちゃいました。

この人、福井の人なんで余計に応援に力が入ってしまいます。

 

この競技、すごいというか変なのは、準々準決勝から決勝まで、どんどん連続でレースを繰り返すのです。

疲れるでしょうね。

そういうのにヘロヘロにならない人じゃないと優勝できません。

 

 

日常

あ、今日税務署で確定申告書提出してきました。

まだ全然混んでないので、新型コロナ感染の危険性は低かったんじゃないかと思いますけども。