子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

方言についてのとりとめもなくいい加減な話

「・・・と良いんよね」って言い方、方言なんですが、さっきYouTubeで聞いて、なるほどそういうの言いやすいのが方言なんだよねと、急に思いました。

ぼくも、そういう感情表現みたいなのなんとなく言いやすいので、福井弁を使用しています。

 

東京で暮らしてた時は、そういうのも普通に標準語で話してて不自由は無かったのですが、あれはどういう感覚だったのでしょうか。

基本的にぼくは耳が良いので、東京で東京出身者と仲間になってたら、東京出身者と同じイントネーションとアクセントになり、「東京の人なんでしょ」と言われたり、広島出身者たちと仲間になってたら、宴会で「広島でしょ訛りでわかる。ぼくも広島」なんていきなり言われたり、茨城に出張して夜飲んでいただけで、帰った後も数日茨城弁が抜けなくなったりするのです。

 

そういう他の土地の訛りに捕まってしまった時に、言葉の語尾もそっちへ引っ張られるのですが、感情表現もそれで間に合うので、特に方言に執着する必要は無いのですが、それでも方言は自然で楽だなと思います。

それが自分の生まれの方言で無くても、そう思うのだから、ま、いい加減な話なんですけども。