子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

シャワー浴びながら思い出すことは

曇り一時雨という予報は、外れてしまい、福井はいまのところ雨は降らず、少し晴れ間まで見えるような天気でした。

とりあえず今日は散歩は休みと決めて、ウロウロしているうちに夕方になり、1回で大谷くんが降板してしまったので重苦しい気分になっていたのですが、9回にエンジェルスが逆転して大谷くんの負けは無くなったというニュースを読んで、「あ、シャワーでも浴びようか」という気分になったのです。

 

夕方の明るいうちにさっさとシャワーを浴びていると、子供の頃「行水」なんてことをしたのを思い出しました。

庭にタライを出して、水を入れて裸でぱちゃぱちゃしてたんですねえ。

ほんの小さな頃のことです。

 

福井市には三秀プールてのが、当時あったのです。

子供用の浅い丸いプールと、競技に使える50メータープールがありました。

小さなうちは子供用、小学生になったら50メータープールで泳ぎました。夏は自転車に乗って毎日行ったもんです。

この頃には、もう行水なんてしませんでした。

そのうち小学校にプールができて、そっちにも行きましたが、学校のプールは25メーターなので、やはり三秀プールの50メーターの方に行く方が多かったですね。

f:id:edwalk:20210701170815j:image

 

この「三秀」というのは、昔、その場所が三秀苑と呼ばれる場所だったからです。

家老職をずっとやっていた偉いさんの屋敷だったのです。

藩の財政悪化の元凶みたいに言われて、松平春嶽公が福井の殿様になってから、その屋敷の主は家老職を退任したようです。

まあ、そんなこと知りませんよね子供は。

無邪気に泳いでました。

 

今日から7月。もう今年は半分過ぎちゃった。