子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

ホテルの部屋のボールペンはパクッてはいけません、いや良いかも?

暑いですね、ムシムシします。

でも、暑くなるとボールペンで字を書くのが良い感じになります。暑いからインクが柔らかくなるのでしょうか? ジェットストリームで無くてもヌメっとした書き味になるんです。

 

低粘度でないボールペンでも、暑いシーズンは使いたくなります。

もらったやつとか、あるでしょう。

それから、くそ高い輸入品なんかも暑くなると使ってみたくなります。

 

ぼくは普段、ボールペンならジェットストリームのリフィルを入れてあるのは使うのですが、万年筆使うのが好きです。楽でしょ、チャラチャラ書いても良いし。

でも、紙によっては、万年筆のインクが裏抜けしてしまうので、やはりボールペンということになりがちなんです。

で、基本はゲルインク使います。

 

しかし、昨日の夜から、正体不明の低粘度では無いボールペン出してきて使ってます。

 

 

ホテルの部屋にメモ用紙と一緒に置いてあるボールペンは持って帰って良いのかどうか、ネットで調べると、持って帰って良い派とダメ派が分かれてます。

ぼくは基本、何も持ち帰らない派なのです。ランドリーバッグくらいですかね、脱いだ下着入れて持ち帰るのに都合が良いから。

だけど、一度だけボールペン持ち帰ったことがあります。

安物だけど回転式で芯を繰り出す構造で、モンブランとかだとちょっと重くて嫌だなと思ってしまうのですが、これやたら軽いし、黒いからちょっと見た目が良いし、ということで、ホテルの名前入りだから持ち帰っても良いだろうと判断したのです。

あ、ホテルの名前入りのボールペンは、宣伝になるのでホテルとしては持ち帰りOKだと書いてあるサイトがいくつかあるんですよ。

名前入りでも持ち帰り不可なのはタオル類やバスローブ。ま、普通持ち帰りませんけどね。

 

とにかく、一つだけ持ち帰ったボールペンがあって、そのインクは昔からのタイプで、書き出しがかすれたり、ヌメヌメ書けないやつです。

書き味が悪いので使わないのですが、今みたいにエアコン入れたくなるような気候になると、ヌメヌメ書けるようになるんで使うのです。