子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

良い天気ですが、図書館に

きょうは、散歩はサボりということにしました。良い天気なんですけどね。

車に乗って夫婦で図書館へ。

二人とも今日が返却期限の本を抱えています。

ぼくは、どうしても読み進めることが出来なかった日本製ミステリー小説を延長せずに返すことにしました。

有名作家なのですが、無理でした。期限延長しても読まないだろうことは明白なので。

 

新しく図書館に入った本のコーナーに、タイトルが気になったのがあったので借りました。

中身がわからないのですが、タイトルで。

裏表紙に書かれた紹介には

ダンスホールで働くジーリンは、客のポケットに入っていたガラスの小瓶を、偶然抜き取ってしまう。小瓶の中には干からびた人間の指。

なんとか返したいと行方を探したが、男は既に死亡していた。

どうやらその指はパトゥ・ガジャ病院で手に入れたお守りらしい。

ジーリンは血のつながらない兄弟の手引きで病院に潜り込むが……。

英国植民地のマラヤを舞台とした、東洋幻想譚。

とあります。

 

ついでに、ヨーロッパの中世史の本も借りました。