子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

「ハン・ソロ」が岡田斗司夫の動画を呼んで、アガサよ今夜もありがとう。野村萬斎+三谷幸喜=エルキュール・ポアロ

昨夜は9時からテレビを見てました。金曜ロードショーの「ハン・ソロ」ここんとこスター・ウォーズで攻めているんですね。

ハン・ソロ」は、観てなかったので、ちょっと楽しみにしてました。

ゲーム・オブ・スローンズ」のドラゴンの母、デナーリスを演じてる女優さん出てましたね。

あのデナーリス、眉毛が茶で、髪が金髪てあたりにすごいアンバランスを感じさせるところが良かったのでしょうか。「ハン・ソロ」では、眉と髪の色が揃っていて、「あ、やっぱり髪はブラウンなんだね」と納得感が大きかったのです。

 

その後、YouTubeを漁ってましたらば、岡田斗司夫という名前に行き当たりました。

この名前、知っているので思い出してみると、そう、「いつまでもデブと思うなよ」という本を書かれた人ですね。レコーディングダイエット。

動画を見させていただきますと、いつまでも思うなよという割には、デブに戻られているご様子です。

 

岡田斗司夫さんがデブだとばかり言っているのも失礼なので、どんな方かと言うのに、例によってWikipediaから引用いたします。

岡田 斗司夫(おかだ としお、1958年〈昭和33年〉7月1日 - )は、日本のプロデューサーで、評論家・文筆家・実業家・企画者・講演者でもある。本名も同じ。通称、オタキング大阪府大阪市住吉区出身。離婚歴あり、独身。

株式会社オタキング代表取締役、株式会社クラウドシティ代表取締役。FREEex設立者。株式会社ガイナックス元代表取締役社長(初代)、東京大学教養学部非常勤講師、大阪芸術大学芸術学部キャラクター造形学科客員教授などを歴任した。

本もたくさん書かれています。

 

この岡田斗司夫さんのチャンネルに辿り着いたのは、その前に石田衣良さんの小説スクールみたいな動画を発見して見ていたのです。

はい、現在長編小説に取り組んでいると、この前書きましたが、書くのはすごく苦しいことなのです。この苦しさから逃れて、スイスイと書き続けるためにはどうしようかという悩みをYouTubeにぶつけてみると、そのものズバリの動画がありました。小狐さんという作家の方のチャンネルです。彼が言うには、小説を書くのは苦しい作業で、なかなか書けないと言うことは理解できると言うことなのですが、まあ、心は慰められますが、特に問題解決には結び付かなかったのです。

で、その動画画面の右の方に、関連する?動画のお勧めが出てきて、石田衣良先生の動画を発見したのです。

とても参考になる動画なのですが、どんなに良い動画を見ても、書けることにはつながらないので、後は、また今度見ようと保存だけしておきました。

そして、その時の右側に出現したのが、岡田斗司夫さんの動画なのです。

 

岡田さん、スターウォーズお好きみたいなのです。

1本が40分から1時間ほどの動画がいくつもあって、「ハン・ソロ」をみた後、彼の動画を見て、うふふと笑っております。

お話だけの動画なのですが、面白いのです。画面的にはちょっと見やすく無いのがね、ちょっとナニですけども。

 

 

そういうことをしながら、今日も夜9時からテレビを見る予定をしています。

野村萬斎エルキュール・ポアロを演じるドラマ。三谷幸喜の作品です。

別のアガサ・クリスティの原作「アクロイド殺し」を下敷きにした「黒井戸殺し」てのも以前見ました。

面白かったとも言い切れなかったのですが、次作も見たいと思ったのです。