子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

かぜさんは、かずえさん。子供の頃を思い出しちゃった。

ぼくが小さかった頃、うちに<ねえや>がいました。浜の方から来た若い女中さんです。

たしか、<かずえさん>という名前でした。

ぼくは小さかったので、彼女の名前を<かぜさん>だと思い込んでいました。

 

彼女は、10代だったのでしょう、ぼくは彼女に懐いていました。彼女もぼくを可愛がってくれて、ぼくが遊びに行く時も一緒に来てくれたりしてました。

ぼくは、たぶん小学校に上がってなかったと思います。

 

ある日、母親とかずえさんの二人が勝手口の表に出てました。ぼくは勝手口に立って外を眺めてます。左側には庭の塀の戸があります。晴れていて風が強い日でした。

突然、開けてあった庭の戸がバタンと閉まりました。

「あれ?」という顔をしてたんでしょうね、ぼくは。

母親が「風が吹いたんや。風さん」と笑って言いました。

ぼくは、かずえさんの名前をかぜさんだと思っていたので、かずえさんが閉めたと言われたと思いました。

しかし、かずえさんは、そんなことしてません。

不思議がるぼくを見て、母親もかずえさんも笑ってました。

 

そんなことを急に思い出しました。

 

当時、昭和30年代前半あたりは、みなさん今みたいに豊かではありませんでした。

田舎の家なんかだと、子供たちは義務教育終わってすぐにどこかに働きに出たのです。女中さんがいる家というのも、今みたいに珍しいものでも無かったような。どうだろ、あまり社会のことはわからない年頃でした、ぼくは。

父親も誰か知り合いに頼まれて、ねえやに来てもらったんだと思います。