子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

「教場2」2日連続で見ました キムタクです

「教場2」てのを見ました。

そうキムタクが警察学校の教官を演じるドラマです。

前編後編が二夜連続で放送された、結構長いやつです。

多くの人に叱られるのでしょうけども、ぼくは興味が無くて見るつもりは無かったのです。だから、前編の途中から見ることになりました。

 

想像したものとは全く違ってました。

宣伝がテレビで何回も流されていて、キムタクのあのメイクを見ると、きっと彼は冷酷な連続殺人者なのだろうと思い込んでたのです。

おそらく殺し方もエグく、恐怖サスペンスだと素直に想像してました。

 

本当は、警察学校学校を舞台にした、どういえばいいか、青春成長学園物、ほんのちょっとミステリー。

学園物というと違う方向を思い浮かべますけど、アメリカ映画によくある軍隊の学校物を意識している感じです。

 

実際の警察学校が、あんな軍隊式なのかどうかは、ぼくは知りませんけど、その軍隊式の規律が雰囲気を盛り上げて、けっこう面白かったです。

 

最後に、キムタク教官は、卒業していく生徒たち一人一人と握手しながら声をかけるのです。

この学校でイジメを受けた女子生徒が、自分の目付きがキツくなりましたと言います。彼女は、自分が強くなってイジメを跳ね返そうと、自分を鍛えていたのです。

この言葉に、キムタク教官は、ほんのちょっと間を置いて、「それは、わたしのせいか?」と聞くのです。

このシーン、生徒のセリフは違いますが、教官の反応と言葉は、何かの映画にあったのを思い出しました。あっちは軍人でしたが。

そういうつもりで作ったのですね。

 

キムタクは良かったですけども、ピシッと背筋を伸ばしていると、無駄な脂肪が付いてなくて、それで小柄なので、後ろ姿が時々子供に見えてしまったりしました。

姿勢が良すぎて、大人のなんとかが後ろ姿に出てたりしないので、気の毒かな。

所長役の小日向さんは、やはり小柄ですけど、年齢どおりに体型が崩れていて、姿勢も良すぎ無いので、それなりに見えるのです。

 

 

ぼくは、このドラマの1も見てません。

どこかに無いかなとネットを探してますが、無料のは、まだ見つかってません。