子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

今日の日常

散歩者の楽しみ

南條竹則氏の「魔法探偵」という本を読み出しました。

この本の27ページに、“散歩者の楽しみ” という言葉が書いてあるのです。

時刻と場所が醸し出す印象を狩ることが面白いので、その印象は空の色、光の加減によって、不思議に変わる。

必ずしも古びたところだけが好もしいというわけではない。

聳え立つマンション群が澄み渡った空を背に、夕映の光を浴びて輝くとき、何か無限のなつかしさを感じさせることもある。

うらさびれた街の四つ角にポツンと残った立木が、良い風情をおびていることもある。

まあ、要するに何気ない場所でも、その時に見れば、いい感じだということですね。

これ、すごくわかります。

たしかに、それは散歩者の楽しみなんです。

f:id:edwalk:20200809201726j:image

f:id:edwalk:20200809202305j:image

今日は散髪の日なのですが、その前に軽く散歩して、買い出しをしてという予定です。

慌ただしいと言うか、散歩の後と散髪の後の2回シャワーを浴びるのもね。

f:id:edwalk:20200809202316j:image

f:id:edwalk:20200809202342j:image

f:id:edwalk:20200809202403j:image

 

 

危機一髪

さっきの「魔法探偵」は、家内がスーパーに入っている間、エンジンかけっぱでエアコンつけて車の中で読んでいたのですが、そこまで行く途中、信号のある小さな交差点があったのです。

こちらの正面の信号は青。

その交差点に、変なビルがあるんです。で、ちょっとだけ減速しながら、家内に「あのビル変やろ」と言ったのです。

ちょうど、その時、信号が赤の方の道から車が来るみたいなと言うか、車が来たのです。

全く止まる風情が無くて、赤信号をすうっと渡って行きました。

ぼくは、家内に余計なことを言って、少しブレーキに足をかけていたので、その車を認識できて急ブレーキ踏めて、トラブルに巻き込まれずに済みました。

すごいです。あの車、そんなにスピード出してません、急いでいたわけでは無くて、赤信号に気がつかなかったって感じ。

 

本当に、車に乗ったら自分以外を信じてはいけませんねえ。

 

散髪、ちょっと手が滑った

家内にバリカンでやってもらうのですが、もみあげは自分でバリカンとシェーバー使ってやるんです。

で、今日はちょっと手が滑って上の方を短くしちゃいました。

まあ、白髪なのであんまり目立たないと思い込むことにしています。