子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

本日の図書館と、甲斐バンドとキングコング

コロナのおかげで図書館の返却日までの日数が倍になっていました。

先日借りた、赤松利一の「犬」と「らんちう」、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は、明日が返却期限でしたが、今日返却に行きました。

 

みなさん続々と図書館に入っていきました。やはり自粛生活も本があると耐えられるのです。

今日借りてきたのは5冊。

 

まず、どうしてもAmazonで出せませんでした 浮穴みみ作の「月の欠片」祥伝社

剣樹抄

剣樹抄

  • 作者:丁, 冲方
  • 発売日: 2019/07/10
  • メディア: 単行本
 
すべては1979年から始まった: 21世紀を方向づけた反逆者たち
 
世界史は99%、経済でつくられる

世界史は99%、経済でつくられる

  • 作者:宇山 卓栄
  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

以上。

世界史をちょっと勉強しようかと、3冊借りてきました。

 

冲方丁は、「マルドゥック・アノニマス」の5巻目が5月の末に出たはずなので探したのですが、見つからず、「剣樹抄」というのは読んで無かったのでこれを借りたのです。

 

浮穴みみさんは、全然知らない作家なので試しに。しょっぱな読み始めると、結構面白そうです。

 

 

 

さっきテレビで甲斐バンドの「最後の夜汽車」てのを聞いたのですが、サビの「君が乗った」というところのギターが、どこかで聞いたような感じなので、貼り付けておきます。


甲斐バンド「最後の夜汽車」