子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

時々勉強になります。国会のニュース見るたび腹を立てるのはオトナ気ないですか。

朝起きた時は晴れていた空も、すぐに暗い灰色になり、やがて強い雨がドタドタ音を立てて降ってきています。

水害を心配するレベルの音です。

 

先程、テレビをつけたらニュースで国会の様子が映ってました。

参議院です。

国会議員の方たちの中で、勉強せずに本番に臨んでらっしゃる方もいます。

脅すような怖い声でシャッシャッという動きと共に、相手を威嚇するだけの女性議員。

以前のモリカケの時に、この人何の準備もせずに来ていて、ただ恫喝するパフォーマンスを見せているんだなと思ってたのですが、やはり今回も同じ。

 

こんなんじゃ時間の無駄。

安倍さんの答弁も、最初から相手を馬鹿にしたような感じ。

たしかに、ぼくだったら腹が立って怒鳴ってしまうかもしれません。よく我慢してます。

しかし、国会が時間の無駄だというのは、議会制民主主義の否定になってしまいます。

国会見た国民が、そんな気持ちになるのはダメですね。

選挙の時によく考えないぼくらが悪いのです。

 

クラウドというのは、雲という意味ですね。

雲の中にデータを置いておこうと考えた人は素晴らしいです。大雨の時にデータが流れ落ちないようにするのに、どんな工夫があるのでしょうか。

すごい発想と技術です。

いつまでもサーバーなんて言っているのは時代遅れだと、勉強させてもらえました。

 

まあ、そんなこんなで衆参両議会を経て補正予算も成立しそうです。

10兆円の予備費も、実質5兆円になりましたし、そのくらいだったら下らない国会審議に時間を取られないから良いか、なんてつい思ってしまうのはマズいです。

社団法人に発注して、すぐにほとんど電通に流れて、さらに電通子会社へという仕組の何に問題を感じるべきなのか、全体的な印象論だけに終始して、ボワんとした「感じ」だけでマズいんじゃないの、問題点の認識ができない野党の皆さん方、問題点が分からないなら質問してもダメです。問題がないのなら質問するなよ。全く審議にならない国会、マズいです。

 

もし、昔の土木工事発注と同じ問題ならば、元請けの社団法人に実態があるのかを追求すべきであり、それは仕事内容の吟味であるべきで、「昨日行ったら誰もいなかった」、「いや、リモートですから」とか、「パーティーが」みたいな間抜けな質疑を恫喝でデコレートしてごまかすのはやめて欲しい。

コロナ対策でスピードが必要だから、国会の前の晩にでもみんなで勉強して、分からないなら分かる先生を頼んで教えてもらい、徹夜してでも、どう追求しようか考えて今日の国会に臨めよ。

 

 

全額予備費にしてしまっても大してかわりは無さそうです。

 

って、こういうこと書くとアクセスすごく下がるんだよな、分かってるんだから止めろよ自分。