子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

福井はベッドか無くなったか、新型コロナウイルス感染の状況

この前、福井の新型コロナウイルス感染者用の病床が足りないはずだけど、きっと一般病床から都合つけたんだろうと勝手に思い込んでましたが、どうもそうでは無かったような。

 

福井県第一号の感染者、日華化学の社長が退院してベッドが一つ空きました、そして死亡者がいらっしゃったので、そのベッドが空きました。

で、昨日あたりの状況では、軽症の方は自宅待機しているとニュースで。

 

いよいよ予断を許さない状況ですね。

 

 

福井県は午前11時に、感染状況の発表をしています。

昨日の発表は4人。

飲み屋がらみの感染者2人と、まだ感染経路がよくわからないのが、鯖江市の女性2人。

 

で、今日の午前中の発表は7人です。

これで県内感染者は53人。

 

そして80代のおばあちゃんが亡くなり、死亡者累計2人。

まだ重症の方がいますから、もしかするとこの数字も増えるかも知れません。

 

 

全体で一つのクラスターという見方をしていますが、異なる連続したクラスターという見方もでき、これからの感染爆発につながる危険もあるかもという福井大医学部の先生の見解もあります。

 

 

いずれにせよ、前から書いてますが、会食、夜の街が感染源になっているというのは福井の現実です。

みなさん、どうか自粛してくださいませ。

 

しかし、田舎の人口の少ない県なのに、これほどの感染者と死者が出るのが信じられないほどです。