子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

職務中、公務を執行している状態のお巡りさんの邪魔はいけません

今日、図書館に本を返しに行きました。

ちょうど駐車場の入り口の角に、お巡りさんが立っていました。

普段、そんなところに警官はいません。

車を駐めて、図書館の建物に向かう時に、その警官の後ろを通るのです。

 

「何してるの?」と声をかけたい誘惑が、ふつふつと。

じっとお巡りさんを見つめながら歩いていくぼくの気配を、彼は感じていたような。

あああああ、声を掛けたい。

 

しかし、聞いても教えてくれないだろうなあ。

 

ぼくは我慢して図書館に入り、本を返して出てきました。

まだ、お巡りさんは固まったように道路を見つめています。

きっとぼくを意識しています。

だって、あんなに脇目もふらずに道路を凝視しているはずないですもん。

首のあたり力入っていますもん。

 

わずかながらお巡りさんに接近して歩きました。

「何してるの?」

聞きたい。

でも、我慢しました。

ぼくは良い市民ですから。

お巡りさんの邪魔はしません。

やがて政府から現金頂きたいですから。