子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

大乃国の白鵬のエルボーについてのコメント

横綱審議会が、九州場所での、白鵬・遠藤戦の立ち合いの際のエルボー攻撃を批判しました。

あれが相撲で無いのかあるのか、ぼくはあんまり興味がありません。

 

横審の批判に対しての、相撲協会広報担当の放駒親方(大乃国)の反応が、「あれを食らう方が情けない」というもので、ああ大乃国だなあと思ってしまいました。

あれが大乃国

ガチンコ横綱、途中休場を拒んで、負け越した横綱

 

素直で正直な人なんです。

 

若乃花も、白鵬のかち上げ(エルボー攻撃)は脇が開くから負ける方がおかしい、みたいな事を以前言ってましたね。

 

まあ実際どうなのか、やられた方はどうすべきなのか、ぼくは知りませんが、皆さん対策を立てて臨んで下さい。

 

そのエルボーだって、今場所やったのは遠藤戦だけじゃなかったでしたっけ。

遠藤相手じゃ、エルボー使わなくても勝ちますよ。

皆なんて言うか試してやろうと思ってやったのでしょうか。

さっそく舞の海が、「ほかの横綱があんなことをするのを見たことがない」とかなんとか口走ってましたね。

まあ、舞の海の口ですから、自分を良く見せようと思って言ったのでしょうけども。

横審も、それに乗っちゃったのかな。

 

ダメなら禁じ手にすれば良いのですが、規則の中で、許されるかち上げの定義をして、それからどのように違えば禁じ手になるのか記述する必要があり、これけっこう難しそう。

あっさり、白鵬の行うかち上げ及びそれに類する攻撃は反則で、行った時点で反則負けとするとか言う方がわかり易いし、楽だけど、これやると特定の相撲取りだけ規制することになり、マズイですね。

 

 

エルボーに対するカウンターの右ストレートの張り手とか、そういう取り組みもたまに見ると面白いかもしれない。

エルボーをくらって倒れ込む貴景勝と、同時にカウンターをくらって足下から崩れる白鵬なんてね。

 

どっちが先に倒れたかで、審判団が土俵に集まって、審判長が両手で大きく四角を描くと、ビデオが映し出されて、みんなで画像を見て相談するとか。

両者倒れるのが同時なので、取り直し、なんてことになると、両方とも脳震とうを起こしているので、医師が出てきて十分確認した上でもう一度。