子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

「ゴジラ」をぼくは観ていたのだろうか

子供の頃、ゴジラに代表される怪獣映画と、加山雄三夏木陽介佐藤允のトリオが出る戦争映画と、加山雄三若大将シリーズを新作が出るたびに観に行ったのを憶えています。

当時は封切は二本立てだったので、上記の組合せが多かったのです。

気がつけば、全部東宝ですね。

クレージーキャッツのも何作か観ていますが、母親のウケが良く無く、こっちはシリーズ全部という訳にはいかなかったのです。

 

さて、プライムビデオでゴジラシリーズがあるのは知っていましたが、まだ観てはいませんでした。

それでも、やはり第一作目の「ゴジラ」は観るべきだろうと考えました。

昼間、水野久美をテレビで見かけたので、彼女の若かった頃も見ようと思いました。

 

さて、「ゴジラ」を観てみると、白黒映画。

そうだ、当時は白黒だと納得しつつ観てたのですが、なんせ宝田明が若い。すごく若い。

スマートで背の高い二枚目。かっこいい。

誰かに似ているというか、誰かが似ているのですが、その誰かがわからないまま、二枚目ぶりに感心していました。

相手役は、河内桃子。娘役です。若い宝田明の恋人。そう、おばあちゃん役ではありません。

そんで、平田昭彦が片目の眼帯をしている科学者で出てくるのですが、これも強烈に若くて二枚目。

 

水野久美は、まだ出演していません。

調べてみると、この「ゴジラ」1954年、昭和29年の作品。

ぼくは生まれてましたが、映画が見れる年齢ではありません。

さあ、ぼくはこの映画を観ているように思っていましたが、それは単なる思い込みだったのでしょうか。

 

三作目の「ゴジラキングコング」は観に行った覚えがあります。

怪獣映画を初めて観たのは「ラドン」だったのでしょうか。

ちょっと自信ありません。

 

 

ところで、この「ゴジラ」特撮は円谷さんですが、まだチャチい感じ。ミサイルや光線がまっすぐ行かないのです。

それでも、よくできた映画でした。

筋書きもよく考えてあり、面白いです。

観て良かったと思う映画でした。

 

ゴジラ

ゴジラ

 

 

 

 

時代が違うと言うか、こういう筋書きが似合う時代だったのです。

「フレンチに遅れそうだったから」なんて言葉が、するっと口から出なかった時代。

 

で、この美男美女映画、なんとなく今の韓流映画を連想してしまいますね。

 

 

予約した本を取ってきました

なんてことを言いながら、ぼくは昼間図書館から受け取ってきた、オルガ・トカルチュクの「昼の家、夜の家」のページをめくり始めようとしています。

これ、結構厚くて、字が小さいかも。