子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

SF映画は、衣装が特殊なのでスタイルの良い女優じゃないと、ね。

まずはミスティー

Xメンて映画シリーズありますでしょ。

あれに、ミスティークてミュータントいるでしょ。何にでも姿を変える、普段素っ裸にボディペイントしてるみたいなの。

f:id:edwalk:20191016194229j:image

あのミュータント、調べたら演じてる女優が作品によって何人もいるみたいですね。

一番有名な女優は最近演じているジェニファー・ローレンスですね。この人、ミスティークで有名なのじゃなくて、その前から大有名。

そして、始めの作品はレベッカ・ローミンが演じていたらしい。

いずれにせよ、このミスティークは、裸みたいな状況で、靴も履いてないっぽいのに、ちゃんとして見える、要するにスタイルがものすごく良いってことですよね。

セクシーというよりも、あのスタイルの良さにぶっ飛ぶって感じです。

 

 

そしてしつこく「エンドゲーム」

ところで、この前Amazonで借りた「アベンジャーズ/エンドゲーム」観始めたら48時間後に観れなくなります。つまり48時間の間は何回でも観れる。

何回でも観れると言っても、これ3時間もある長い映画なので、そう何回もは観れません。

ということで、期限までに3回観ました。

 

それでね、この映画の敵役であるサノス(これジョッシュ・ブローリンが演じている。言われてみると確かにそうです)に娘が二人いて、姉はゾーイ・サルダナがやっているガモーラ、そして妹はツギハギ人造人間みたいなネビュラなのですが、この妹のネビュラ、頭は坊主で、顔はペイントしている上にツギハギ、で、体にピッタリしたスーツを纏っています。

それでいて、観ていて変じゃ無い、というかカッコいいんです。顔だって変にしているけど綺麗だとわかります。とにかく、スタイルは抜群に良いのです。

f:id:edwalk:20191016194903j:image

姉役のゾーイ・サルダナだって、顔は特殊メイクで凄いことになってますが、体の方は、やはりピッタリした衣装ですごくカッコいいです。

でも、ゾーイ・サルダナは、ゾーイ・サルダナだと分かっていますから、最初からスタイルが良くて当たり前に思っているので、この妹のネビュラのスタイルの良さが、より衝撃的なのです。

 

なんという女優さんなんだろうと調べてみると、カレン・ギランという人。

ぼくは知らんかったです。

Wikipediaでは身長180cmと書いてありますが、8等身、あるいは9等身くらいの感じです。

ネビュラ役のメークじゃない写真も見ましたが、無茶苦茶スタイル良くて綺麗です。

 

 

スタートレック BEYOND

2016年のこの映画に、顔面及び頭部を真白に塗って、稲妻みたいな黒い線が走っているメイクの変な女が出てくるでしょう。

 

上の画像の左側の人。

この女はジェイラ。

変なキャラだけど、よく見ているとメイクとったら割と綺麗そうだし、スタイルもすごく良い。

やはり体にピッタリした衣装なので、足長くないと見ていられませんからね。

アクションも良いです。

この女優、最近よく見るソフィア・ブテラでした。ダンサーだもんね、アクションいけますよ。

f:id:edwalk:20191016195217j:image

 

SF物は、厳しいですね、衣装のせいで

どうも宇宙のイメージのせいか、衣装が体にピッタリしているパターンなんですね。

で、変なメイクさせられるので、それでも見れるというのは、素晴らしいプロポーションを要求されます。

なかなか厳しい世界ですね。

でも、皆さん、ほんとカッコいい。