子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

モンマルトルの丘のケーブルカー

今日はケーブルカーの日だそうです

softwind(id:kihaseason2015)さんの「風に吹かれて旅するブログ」てのは、毎朝、その日が何の日なのか教えてくれるんです。しかも季節のこと、季語なども書いてあるので、ぼくは毎日見させてもらってます。

でね、今日はケーブルカーの日だと書いてあるのですよ。他にもいろんな日なのですが。

 

おお、ケーブルカーの日かとコメントを書こうとしたら、どうも内容がコメントにしては長すぎる。

書くのは止めようということに。

あ、でも自分のブログに書けば良いじゃないということで。

 

なんか他人のブログをネタにするの増えてたりして。

 

 

思い出したのはモンマルトルのフニクレール

昔、パリに行きました。

格安ツアーがあったのです。

泊まったホテルは、地下鉄の始発駅のすぐそばにありました。

オプショナルツアーが1日だけあって、あとは好きなようにさせてくれたので、地下鉄のパスみたいなのを買って、夫婦でウロウロしたりしたのです。

 

昔なのでノートルダム大聖堂は存在してました。

モンマルトルに行きました。なんか、メトロの駅もオシャレでした。

f:id:edwalk:20190829093049j:image

 

日本から持っていったガイドブックには、モンマルトルの丘をケーブルカーで登るんだと書いてあります。

で、ケーブルカーの乗り口は、どこだ?

メトロから出て、キョロキョロしてたら、お巡りさんが歩いています。

お、ちょうど良い。

つかまえて「ケーブルカーはどう行けばいい?」と聞きました。

 

フランスで英語は、あまり・・・って聞いていたんですよ。

でもね、世界的な観光都市で、お巡りさんは少しくらい英語しゃべるだろうと思ってました。

だいたい質問が通じない。

英語ダメ。

 

ぼくは、自分の左手の中指の先を右手でつまんで、ゆっくり斜め上に引っ張りました。

「フニクレール?」

お巡りさんは、うれしそうな顔でそう言いました。

 

フニクリフニクラって歌をとっさに思い出しました。

ああ、あれ登山列車とかいう言葉が歌詞の中にあった。

「それ、それ」

お巡りさんは、ぼくが求めていることを察してくれました。

で、その方向を指で指しました。

 

なんか説明があったように思いますが、それはフランス語なのでわかりません。

しかし、人間同士は言葉を超えて理解し合う瞬間があるのです。

ぼくはケーブルカーの乗り場に行く道筋を理解し、「サンキュー」と言って歩き出しました。

サンキューくらいは通じるはずです。メルシーって言わなくても。

f:id:edwalk:20190829093112j:image

 

余計な話ですが、ぼくが歩き出そうとした時、横を通り過ぎていく東洋人の若い女性がいました。

なんとなく、こちらの会話(?)を見ていて、ぼくらが日本人だと分かっている感じ。

彼女、日本人だと思いました。一人で歩いていて、歩き方と方向性がしっかりしてたので観光客ではなくて、この街に住んでいる、たぶん留学生。

ぼくは、日本人の見分けについては当時自信がありました。

ま、そんなどうでも良いことも覚えているんですね、二十年ほども経っているのに。