子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

東京スカイツリーとすっかり変わったわが母校

家内が午後用事があるので、電車と地下鉄など駆使して、その場所まで送ります。

 

自分の出た大学は

ついでに自分の大学を見てきました。

すっかり変わり果ててました。

小綺麗になっちゃって。

f:id:edwalk:20190629220255j:image
f:id:edwalk:20190629220250j:image
f:id:edwalk:20190629220244j:image

40数年が経過しています。

f:id:edwalk:20190629220321j:image

ああ、ここに坂をうまく使った建物があって、その二階はカレー屋で、食べようとしたら虫がルーの中に沈んでいる。

女の子呼んで、「あのう、これ」って言ったら、「ああ、ゴキブリですね」と笑って、その皿下げて新しいのを持ってきた。

ゴキブリだけ摘んで出してきたのか、新しいカレーを新しいご飯に掛けたのか、いずれにしても鍋に落ちたゴキブリの出汁が効いている。

なんてことを思い出しました。

もう、建物ごと新しくなってました。

 

どの店も、建物もすっかり変わってます。

 

うろうろしてたら、昔からあるキッチンの看板、いつも行くとハンバーグを手でペチャペチャと叩いて空気を抜いていたっけ。

蕎麦屋の看板、そして店の名前が古ぼけたテントにはげかけだけど残っていて、その下を見たら、ああ店は無くなっているというのを発見しました。

f:id:edwalk:20190629230626j:image

昔、あれだけあった雀荘が無くなってました。

今の学生は麻雀なんかしないんだ。

 

そう、モハメド・アリジョージ・フォアマンとヘビー級のタイトルマッチをやった「キンシャサの奇跡」のテレビ中継を授業をサボって、マージャンをせずに卓に座って観ていた雀荘も無くなってます。

 

ぼくらが通った頃は、女の子なんか少なかったけど、今はたくさん歩いてます。

男の学生も妙に小綺麗です。

ああ、もう、すっかり変わっちゃったんだ。

 

東京スカイツリーは雲の中

とりあえず、その場を離れ、一人で東京スカイツリーに行きます。

浅草の駅に入ったら、あ、ここ知ってる。

名前変わったけど、ここ東武の駅だ。

数回、ここから電車に乗って仕事に行ったことあるんです。

んで、とうきょうスカイツリー駅って、押上だ。

降りたのは初めて。

f:id:edwalk:20190629230647j:image

 

天気は悪いんです。

ちょっと雨がパラついたり。

空は雲で灰色。

 

ソラマチという、建物に着くと、チケットカウンターの矢印。

そいつを追いかけて、階段やエスカレーター登りました。

 

カウンターの女の子が、展望デッキとその上の展望回廊、どちらに行っても今日は曇っていて真っ白ですと言い、窓から白い雲だけが見えている写真見せます。

どちらになさいます?

え、デッキと回廊で値段違うの?

はい。

f:id:edwalk:20190629230853j:image

 

ということで、せっかく来たから登るし、でも真っ白だったら仕方ないので、デッキだけにすることに。

休日だったから、デッキは2300円、回廊もだと3400円ですもん。

 

エレベーターの速さとスムーズさに驚きます。

たしかにデッキの窓は白い。

でも、どうにか街が見えました。

f:id:edwalk:20190629230744j:image
f:id:edwalk:20190629230749j:image
f:id:edwalk:20190629230738j:image

 

なんかすごく疲れました。

さっき大学の周りを歩き回ったし、ここまで来るのもかなり歩いてます。

昨日はロングドライブだったし。

f:id:edwalk:20190629230837j:image

デッキをグルグルと歩き回り、窓から見下ろし、ついでに雲の上でトイレも済ませました。

 

デッキから下に降りるのもかなり歩くんです。

 

どうにかエレベーターで降りて、下についたらソフトクリーム食べて、空いてるベンチでヒーヒー言ってました。

 

まあ、皆さんのブログ読ませてもらっていたのがちょうど良い休息。

かなり長い時間スマホ見て座ってられましたから。

このブログもiphoneでだいぶ書きました。

立ちたくなかったんです。

 

 

家内と合流

待ち合わせのカフェに。

座る前にカウンターで注文して飲み物をもらうのですが、疲れていて「ウィスキーなんてある?」と聞きました。

無いという返事。

言葉の具合で、外国の人だとわかります。

ビールあるとのことで、赤黒いビールをもらいます。

それをちびちび飲んで1時間以上家内を待ちます。

 

一緒に八王子に帰ると、もう9時近く。