子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

本日の日本酒

f:id:edwalk:20190402131225j:image
f:id:edwalk:20190402131108j:image

f:id:edwalk:20190402131146j:image

 

奥越、大野の南部酒造の花垣

純米酒    米しずく

税込2400円

 

前々から、次は花垣を飲もうと思っていながら、店に行くと違うのに目が移りで、買わなかったんですね。

今回も、ストレートに「花垣」を買わず、「米しずく」と変化球です。

 

実は、前回の「游」が美味かったので続けるか、それとも「北ノ庄」に戻ろうか、どっちにしようかと考えながら店に行ったのですが、「花垣」もいいねと思い直したのです。

さて、どんな味わいでしょうか。楽しみ。

 

 

それと店内をうろついていると「赤兎馬」という文字が目につきました。

赤兎馬って、三国志に出てくる名馬です。

え?と立ち止まりよく見ると、やはり「赤兎馬

九州のイモ焼酎。

人格的に最低だけど武芸優秀の豪傑、呂布の乗っていた馬です。

その後、呂布を処刑した曹操の手に渡り、

捕虜というか上等な客人扱いの関羽に、曹操から送られた馬です。

関羽の乗っている馬ということで、よけい評価が上がりましたね。

 

3種類くらいあります。

で、「呂布」という麦焼酎も横にありました。

値段は、「呂布」が1番安いの。

まあ、三国志読んだうえでのグレード付けなんでしょね。