子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

犬神家の一族 1976年版 観ちゃいました

昨日、テレビドラマの犬神家の一族を見たのですが、家内の、なんて言いますか、残念度合いが大きいようで、延滞料を取られて痛い目にあったばかりなのに、昔の映画の「犬神家の一族」を借りてきて観ようと言います。

20歳ころ映画館で観て面白かったと主張するのです。

あれっ、プライムビデオで観れるんじゃないかな。

調べると、1976年の石坂浩二主演のやつが、ありました。

これなら延滞料も掛かりません。

 

犬神家の一族(1976)

犬神家の一族(1976)

 

 

で、今日観たのです。

高峰三枝子草笛光子、三条美紀、島田陽子坂口良子等々ずらりと並びますね。

特に、旅館の女中役の坂口良子が、すごく可愛い。

家内は島田陽子が綺麗だと言います。

で、石坂浩二が若くてカッコいい。確かにこの映画の何年も前、かなりのブームがあったのを思い出しました。

とにかく76年の作品なんで、皆さん若くて素晴らしいです。

 

横溝正史って人、ぼくはジュブナイル(子供向け版)が好きなんです。

御子柴少年が活躍したりするやつ。

はっきり言って、少年探偵団物より面白い。

そっちは結構読んでいるのですが、メジャーな方は読んでいません。

 

テレビ版を見て、これストーリー展開的にちょっと無理って思っていたのですが、映画版はちゃんと丁寧に作ってあるし、面白いのです。

これならストーリー展開も無理なく受け入れることができました。

 

ところで、猿彦という登場人物がいて、事前に調べたら演じているのは寺田稔と書いてあります。

でも、あれ?顔が違うし、体格も随分大きい。

ぼくが思っていたのは寺田農で映画に出ているのは寺田稔。

これ、観終わるまでスッキリしませんでした。

 

しかし、とにかく坂口良子

残念ながら、記憶に残ってるのは、晩年の顔で、76年当時とは随分違いまし。

この映画では、可愛かったですねえ、本当に。

 

 

と言いながら、60歳代のボタン、よろしくどうぞ。