子供の頃のように

自由と幸せ。好きなように散歩したり、本を読んだり、気ままな生活の日記です。twitter始めました。@edaywalk

寝床で思い出したこと

そう言えば、昨日の記事のタイトルは、「冬が来た・・・」

Winter is comeing って、

スターク家の標語っていうかモットーみたいな言葉。

ゲーム・オブ・スローンズです。

昨晩眠りに落ちる前に、そんなこと思っていました。

 

それでね

で、「イースト・ブロードウェイ・ラン・ダウン」ってソニー・ロリンスのアルバムをネタに出して、

このラン・ダウンって、街が寂れてるって意味だとラジオで説明聞いたと書きました。

さて、誰が言ったんだろうと考えたのです。

ラジオでジャズという事なら、大橋巨泉だと思うのですが、なんか違うような。

もしかすると本で読んだのかも。

となると、植草甚一先生あたりが言いそうな気もしてくる。

 

ボタンダウンって何んだろうと思って、知り合いの黒人に聞いたら、シャツの襟の先を指で押さえるんだよ。それで、ああ襟の先にボタンのついたやつかと分かった。

なんて、確か「青年は荒野をめざす」の解説に書いていたっけ。

主人公がナホトカに向かう船に乗り込むときに、ボタンダウンのシャツを着ていたので、そんな事を書いたんでしょう。

 

昔、植草甚一のエッセイが全集みたいにして発売されたときに、何冊も買い込んで、これ付録に彼の日記みたいなのが付いていて、それが結構面白かったです。

全部処分したんだと思います、もう無いから。

 

10代後半から20代前半までのことは、なんでつまらない事まで覚えているのか不思議です。

まあ、面白かったからね。